Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

これは凄い!!小型3Dプリンター(光造形機)ML48//MUTOH Engineeringの実力とは?!

   

みなさんこんにちは、今回は株式会社ムトーエンジニアリングの小型光造形機ML-48をレポートします。
いま、東京メイカーで この試作機をお借りしていますが、かなり出来がいいので、自宅に持ち帰りいろいろ検証して見ました!

MUTOH_ML48

ちなみに、XYZpurinting Japanのノーベル1.0との比較が気になる方は、こちらの記事を読んでみてください。

で、どうなのよ?って とりあえず今わかっているスペックは

造形サイズ:W48mm×D27mm×H80mm
積層ピッチ:0.025mm、0.1mm
光源:プロジェクタ方式
樹脂:アクリル系樹脂
発売時期:2015年度中(予定)
価格:未定(50~60万円くらい・・・)

まず造形機の準備。
蓋をあけ、トレーを外して専用フィルムを取り付けます。

MUTOH_ML48
このフィルムは数回使いまわしが利くようですが剛性が無く使い捨て。
これが便利で賢い!!他社のものは、アクリル容器で一定量使うをその高価な容器も交換しなくてはならないものが多いようです。
吊り下げ式の光造形機ではこのトレーの構造が最大のポイントとなります!!

なぜって・・・
吊り下げ式はプラットホームと呼ばれる台にしっかり着いていないと、露光面にもへばりついて、なんども何度も剥がしてくっ付いてを繰り返すうちにプラットホームから剥がれ落ちて造形失敗と言うケースが多いからです。実はこの方式は20年以上前からありましたが、その問題が解決できず一時期は市場から消えていました。
特にカクテルグラスのような形状を作ると、細い足の部分までは問題なくできるのですが、お椀の部分になると、内部に空気が入ると圧力でデータ通りの板厚ができず、かつ、吸盤効果で露光面から更に剥がれにくく、そのまま強引に造形を続けていると、プラットホームか細い足の部分が披露骨折して失敗に至ります。(10mm作るのに100回上下しますから!)
このため、各社この剥がす部分にいろいろ工夫を凝らしているのですね!!

で、このML-48は剛性のないフィルムを使っているので、結構行けちゃいそうなのです!(笑)

ちょっとマニアックな話がながくなりました。

MUTOH_ML48

 

トレーをセットして、プラットホームもしっかり固定します。

次にレジンを泡が出ないようにそっと注ぎます。
現在開発中の材料のため、白色の物質が沈殿しているので、5分くらいは事前に撹拌しておかないといけません。泡が・・・)
途中で補充が利かないので、必要量+αを予め入れておく必要があります。

MUTOH_ML48

 

他社のアクリル系樹脂はジェルネイルと同じ独特の甘いような化学薬品の臭いがしますが、この純正材料は、ほのかに龍角散のような漢方薬ににた香りがするだけで、非常に好感がもてます。

MUTOH_ML48

これで、黄色い蓋をかぶせて造形機の準備完了!

次にデータ処理
ソフトはまだ取り合えす使えるようにするという段階で2つのフリーソフトでの前処理が必要です。
内容的にはプロジェクタ方式なので、STLデータをSVG形式にスライス処理することになります。

造形サイズが小さいので、トータルで8分もあれば終わっちゃいます。

スライスが切れたら、本体とPCをUSBとHDMIケーブルで繋ぎ、本体のスイッチを入れ、専用ソフトでSVGファイルを読み込んで、造形開始。

MUTOH_ML48

それぞれの操作はとても単純で簡単ですが、まだ面倒ですね!

あとは出来上がるまで放置。

プロジェクタ方式なので、毎層の造形はとても早いです。
作動音は、パーソナル3Dプリンターと比較してしまうと、No.1の音量!(本体を金属で覆っている機種は内部で響くのでしょうかね?)
もちろん、業務用と比較するととても静かで、オフィスにおいても大丈夫そうです。
MUTOH_ML48

MUTOH_ML48

出来上がりのクオリティーはこんな感じ。
0.025mmピッチで造形すると積層痕も殆ど見えません。
ジェットプリンタータイプの0.025mmの造形品よりも明らかにきれいです。

ジュエリーやガチャポン系のフィギュアなどの小物には最強最適のツールになりそうです!

ソフトがきちんとできたら工業製品の造形もトライしたいし、真空注型も試してみたいです。

 - 3D Print Technology, 3DPrint Machine ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

CGソフトでモデリングしたデータ、3Dプリンタで上手く出力できてます?修正に苦労してませんか??【前半】

こんにちは、起きている時間はほぼ3DプリンターにかかわっているMohriです。 …

毛利 宣裕   |   4152 Views
【鉄と錆とPLA】Touch3DStylusを使ってみた!!

こんにちは、米屋辰五郎です。 鉄製の日常品って身の回りであまり見なくなりました。 …

米屋辰五郎   |   2633 Views
今話題のイギリス製3Dプリンター《ROBOX》まさかの全自動感!!で3Dプリンティンングをしてみた!!

  まずはプリンターのソフトですが、 3DプリンターとPCを接続するだ …

Nakamura(店長)   |   2548 Views
”3Dプリンター”っていう言葉は赤ん坊に”まんま”と言うのと同じ!

こんにちは、TOKYO Makerの Make担当のMohriです。 この業界に …

毛利 宣裕   |   4079 Views
今注目のスイス人デザインナー2人組デールザック&スーキーって知ってる?!透明樹脂の3Dプリンタ製シャドーアートとは?!

今週ご紹介する注目3Dプリントデザインは「5枚のカラフルな色つきパネル」。スイス …

Yui@i.materialise   |   2186 Views
今さら聞けない?知っておくべき基本の3Dプリント技術6つとは?!

皆さんは3Dプリントの仕組みについて聞かれたらきちんと答えることができますか?「 …

Yui@i.materialise   |   5305 Views
明日開催!!【参加無料3/24イベント】自動車産業にむけた3Dプリント技術を応用した 新しい産業の在り方とは?!

「3Dプリント東京」 自動車産業 x 3Dプリント アメリカやヨーロッパの自動車 …

DDD_Japan   |   1000 Views
【ついに… 3Dプリント!!編】CAD鉄、3Dプリンターでプラレール作るってよ。Part. 3

こんにちは、最近はプラレールの世界に出戻りつつあるCAD鉄です。 今回はついに3 …

CAD鉄   |   8384 Views
【京都YOKOITO通信】フリーのモデリングソフト・123Designで3Dプリンター製ペグボードのフックを作ってみるコツとは?!

こんにちは。YOKOITOの髙松です。 今回はフリーのソフトでペグボードに使える …

YOKOITO   |   2516 Views
プロ仕様!!XYZprinting社のダヴィンチ Proとは?!

前々回の記事では、入門向けの機種として、お求めやすい値段で買える、Mini Ma …

YOSHIOKA   |   1117 Views