Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

3Dプリント・ファッションを実用的なものに進化させるプロジェクト!【布地×3Dプリントパーツの服】

   

こんにちは。

最近何も書いていなったのですが、コソコソやっていたことをまとめたいと思います。

以前に衣服を新しいファッションとして3Dプリントする試みを書いていたことがありました。

「3Dプリンタで、50年くらい未来の服の作り方」

3Dプリントファッションの今までの簡単な流れと、それらに対する考察を実際に作ってみた視点から書いています。

ざっくり言うと、今まで作られてきたものは「甲冑」と「鎖帷子」の2つのタイプに分けられて、超ハイファッションなセンスの塊の扱いをされてる!という内容です。

名称未設定 1↑僕が作った衣服

作ってみて、超未来を感じることはできたのですが、これ、普通に着ろって言われたら難しいですよね?

原宿あたりならOKかも知れませんが。

 

僕はずっと思っているんですが、可能性としては結構あると思うんです。3D×ファッションって。

ただ、現状のようなギーク共がカッコいいだの未来だのパワードスーツだの言ってるうちは駄目だと思います。

もっと一般の人が見て「素敵!」とか「着れそう!」って思って貰ったほうがずっと良いし、3Dプリントのちゃんとした認知のためにも良いことじゃないでしょうか。

けど、上記の写真を見て、皆さんもおわかりのように

オール3Dプリントだと、とてもじゃないけど着るのは無理。マジ無理。

started

なんて事を考えていたら、個人がオリジナルで服を作れるサービスであるSTARtedさんから「3Dで服を作るってどういうこと?」という連絡が来ました。

渡りに船とはこのことだと思いますが「布地と3Dプリントパーツを組み合わせた服を作りませんか?」と早速提案するとノリノリでOKしてくれ、早速試作して試してみることに。

名称未設定 1

ちょっと接合部が甘いけど…いけてるやん!

なんで袖部分のプリントかというと、なんでも袖は縫製が割りと難しい箇所だそうです。ここができれば後はOKやろという発想です。

IMG_8769

縫製箇所の取り付けパーツも「次はこうしよう」なんて話も進めることができました。

ただ、今回は縫製を解いた袖パーツを、僕が割と正確にトレースしているのですけれど、

大きさが変わっちゃうんですね。左右で。何でかというと鎖帷子形状だから。

 

鎖帷子(以下、構造にヒンジを持っているのでヒンジ構造といいます。)は柔軟なサーフェイスを持たせることができるので衣服としての機能は果たせます。

が、難点を挙げるとすると、モデリング時にヒンジ構造に隙間を作る必要があるため、3Dプリント後に変形が起こりやすいという事です。

 

 

名称未設定 1

 

がっちり隙間がほとんど無くモデリングも可能ですが、変わりに全体の柔軟性が失われる恐れがあります。

3D上でモデリングしたデータを物理演算にかければある程度正確な予想ができますが、そこまでの3Dモデリングスキルと高度な演算スキルを持っているクリエイターっているんでしょうか?超少数派だと思います。(勉強中です!!)

 

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・

まぁ、でもとりあえずモノはできそうだしいいんじゃね?と思っていたのですが

たまたまFabcafeのイベントで出会った東大の大嶋くんという人がオーセチック構造(auxetic material)というモノを教えてくれました。

11251546_829164983826634_521316586_n

どういうことかというと僕も完璧に理解はしていないのですが、一定のパターン形状を素材に与えることによって、柔軟さと弾性のあるしなやかなサーフェイスができる…というモノのようです。

(んなわけあるかい!)とか思いつつ、とりあえず試作してみたのがこちら

 なんじゃこれ!なんじゃこりゃああ!

ヒンジ構造や曲がるためのパーツも無いのにパターンだけで柔軟さをだせとる!

ちゃんと形状を保持させたまま柔らかくできる!!

なんでもパターンしだいでもっと柔らかくすることは可能だそうです。

 

と、色々となんか上手い具合に進んでくれたので、2回目の服の制作を始めることにしました。

目標はもちろん布地×3Dプリントパーツを使ったクオリティの追求と、一般の人が見ても受け入れてくれそうなデザインの両立です

構造としてはオーセチック構造にトライしてみたいと思います。

パターンの構造計算は大嶋くん、縫製協力はSTARtedの藤井さん、モデリングとデザインは僕と

割とRPGのパーティが増えていくような感じを覚えているここ最近ですが、楽しくモノを作っていきたいと思います。

 

次の報告は来月くらいでしょうか!

 

ではまた~

 

STATedさんのブログにも今回の制作状況がのってます。

視点がアパレル関係者からの目線なので面白いですよ。

 

https://started.jp/358

https://started.jp/358

 - 3D Print Technology , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

3Dプリンターでつくる義手《More Than Human Project》とは?!

3Dプリンタ−で新しいことができないかと模索していた時に Fabcafeのカワイ …

Nakamura(店長)   |   1027 Views
3Dプリントでしかできないハコスコ(VRグラス)のデザインを実際にやってみたらどうなったか?!

こんにちは。 みなさん、上の写真のブツが何かはご存知でしょうか。 拡大するとこん …

UTB   |   3355 Views
【CAD艦】ダビンチ1.0Aで1/144重巡愛宕の船体作りに欠かせないシェル活用方法とは?!

暑くなると「ひやひや(冷たい麺に冷たい出汁)」のうどんが食べたくなりますが冷やし …

ヨシダ   |   2996 Views
【JAIST金沢社会人セミナー】KANAZAWA-MAKERの気になる第2回目のゲストは?!

今年度から始まったJAIST社会人セミナー永井研究室が担当する「社会人向けデザイ …

Nakamura(店長)   |   625 Views
ムトーエンジニアリング・3Dプリンター担当Nより《重要な》お知らせがあります!!

こんにちは! ムトーエンジニアリングの3D担当Nです^^ 今回はお知らせ2連発っ …

ムトーエンジニアリング_N   |   1641 Views
Autodesk Fusion360のアニメーション機能がすごい!!

Fusion360とはAutodesk社の無料で利用できる3DCADなのですが …

せん   |   7275 Views
3Dプリンターのノズルは消耗品じゃない!!その解決方法4つのコツとは?!

最近Stratasys社のUPrint SE+ と言う業務用FDM装置を借りてい …

毛利 宣裕   |   16638 Views
【Printed by Zortrax】もはやプラモデル!?ランナーもつけて板状に印刷してみた!!

こんにちは。サイバートヨッチです。 またもや超絶空いてしまいましたがお許しくださ …

サイバートヨッチ   |   2331 Views
ポルシェ博士の戦車typ245_010を作る! その3

皆様、こんにちは。まだゴールデンウィーク中で旅行に行ってる人もいるかもしれません …

米屋辰五郎   |   2283 Views
知る人ぞ知る、セラミック3Dプリントの仕組みとは?
知る人ぞ知る、セラミック3Dプリントの仕組みとは?

「え、セラミックでも3Dプリントできるの?!」i.materialiseがイベン …

Yui@i.materialise   |   2874 Views