Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

【グラスホッパーはじめの一歩コップを作る】ブール演算で抜く&Bakeでライノセラスに戻す・はじめの一歩とは?!第5回

   

こんにちは、「グラスホッパーはじめの一歩 コップを作る」の第5回です。

いよいよコップの完成になります。さっそく二つのソリッドを使ってコップを仕上げましょう!

ブール演算で抜く

Intersectタグ>Shape>Solid Differenceを用意して、ベースとなるソリッドをAへ、抜く材料となるソリッドBへ繋ぎます。

正直たったこれだけです。和・差・積などももちろん使うことができます。

cup22

いかがでしょう?画面にコップが現れましたか?

もちろん、各スライダーを調整したり、パネルの数値を書き換えたり、慣れればコンポーネントを新たに追加するなどして、無限にカタチを計画していくことができます。

Bakeでライノセラスに戻す

気に入ったコップの形になったところで最後にBakeという作業を行いましょう。

Bakeは文字通り「焼付け」作業です。グラスホッパーで造るデザインはあくまで計画上のイメージの様なものなので最後にBakeすることでライノセラスモデルとして認識されます。

Solid Differenceのコンポーネントを右クリックしてBakeを選択し、任意のレイヤーに焼き付けましょう。

cup23

ここからさらに通常のライノモデルとしてエッジフィレットを行うこともできますし、ソリッドにする前の段階でもそれぞれBakeすることができますので、使い勝手のよいタイミングでライノセラスとグラスホッパーを行き交う様にしていくと双方の強みを活かしやすいのではないでしょうか。

前回の話に関連しますが、私は作業の保存とは別にモデリングのセーブポイントを作り作業途中のモデルやカーブをとりあえず一度グラスホッパーへ登録していつでもコピペできるようにしています。トライアンドエラーがしやすくなるのは便利ですねー♪

 

一先ずこれで完成です!

 まとめ

たった一つの点(原点)から、円と多角形のカーブが作られ、サーフェスになり、ソリッドになりコップをモデリングすることができました。

もちろんこれらは、ライノセラスそのものでも造ることができますし、他のCGやCADソフトでも造ることができるでしょう。ただ、コンポーネントを編集することで自在にモデリングを変更したり、形状の成り立ちを事前に検討したりできるのはライノセラスとグラスホッパーの大きな強みです。

cup24

何か作品をシリーズ展開する時の構成ベースにグラスホッパーを使ってみたり、逆に、グラスホッパーでランダムシード値を作り出し無造作に導き出したカタチで意匠を試みてみたりなど、多種多様な可能性が秘められていると思います。

さらに勉強していけば

物理シミュレーションや地図情報などをグラスホッパーにとりこんでいくことも可能です!

私にとってのグラスホッパーはまだモデリングをサポートするものでしかありませんが、グラスホッパーの本当の魅力はこれまでデザインにはならないと思っていたような要素(時間、緯度経度、天気、性格?!)を数値に落とし込み、デザインやアイデアにしていけるといったところではないでしょうか?

 

でも、まずは

はじめの一歩が大切です!

ぜひ簡単なモデリングからトライしてみて下さい^^

 

さて、この「グラスホッパーはじめの一歩 コップを作る」はこれでおしまいとなります。

少しお休みを頂きますが、このコップを使って「パネリングツールスはじめの一歩」を企画しておりますので、これからもどうぞお楽しみに!

また、焼き物モデリングの進捗もそろそろ一度ご報告できるのでそちらもお楽しみにー!

 - 3D CAD Technology , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

エクセルで始める123d design 3Dモデリング 鉄道模型編

初めまして、Yas_Yamと申します。宮城の田舎で主に123D designとc …

yas_yam   |   22002 Views
【場所を選ばず3Dプリント可能!!】Dropbox経由でiPhoneやiPadから3Dプリント注文する方法とは?!

iOSをお使いの皆様に朗報!i.materialiseの3Dプリント機能がDro …

Yui@i.materialise   |   3236 Views
【2ステップで超カンタン3D!!】イラストレーターと123Ddesignで3Dプリントデータが作れるよ!!

3DCADとかって難しそうだったりするけど、イラストレーターならって人は多いはず …

Nakamura(店長)   |   16213 Views
2017年初めの123Designからの大事なお知らせとは!?

昨年の、12月半ばからAutodeskの123Dシリーズが、2017年3月で開発 …

YOSHIOKA   |   2510 Views
ワンフットシーバス・田中のRaspberry Pi Zeroケースの設計ミスを改善しフタまで実装するコツとは?!

以前の記事で、ある程度まで出来上がってきましたが、Raspberry Pi Ze …

ワンフットシーバス   |   4511 Views
【いそっぷ3DCAD塾】Autodesk Fusion360を使って2分で小物入れをモデリングするコツとは?!

今回は小物入れをモデリングします。 モデリングに使うコマンドは”直方体”だけです …

いそぷろ   |   3745 Views
【自分の手で描くオリジナルスタンプ勉強会】レーザーカッターと3Dプリンターを使った新しいワークショップとは?!最後に次回のWSの告知アリ!!

年末に行った3Dプリンター屋の勉強会は初のレーザーカッターとのコラボレーション勉 …

Nakamura(店長)   |   5862 Views
【新型山手線】E235系 鉄道模型をゆるく3Dモデリングしていくよ!〜3Dプリント準備編Part.1〜

こんにちは、CAD鉄です。 「3DCADができるなら、どんどんみんなでE235系 …

CAD鉄   |   17533 Views
中野ブロードウェイのあッ3Dプリンターだッ!!店舗まるごと3Dスキャン結果は!?

前回の記事で最後に触れていた、あッ3Dプリンター屋だッ!! のまわりの3Dスキャ …

YOSHIOKA   |   3274 Views
【いそっぷ3DCAD塾】スカルプでグニャっと曲がったところを直す方法とは?!

この問題はスカルプでいろいろモデリングしていると、たびたび出くわすと思います。 …

いそぷろ   |   2985 Views