Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

【グラスホッパーはじめの一歩コップを作る】ブール演算で抜く&Bakeでライノセラスに戻す・はじめの一歩とは?!第5回

   

こんにちは、「グラスホッパーはじめの一歩 コップを作る」の第5回です。

いよいよコップの完成になります。さっそく二つのソリッドを使ってコップを仕上げましょう!

ブール演算で抜く

Intersectタグ>Shape>Solid Differenceを用意して、ベースとなるソリッドをAへ、抜く材料となるソリッドBへ繋ぎます。

正直たったこれだけです。和・差・積などももちろん使うことができます。

cup22

いかがでしょう?画面にコップが現れましたか?

もちろん、各スライダーを調整したり、パネルの数値を書き換えたり、慣れればコンポーネントを新たに追加するなどして、無限にカタチを計画していくことができます。

Bakeでライノセラスに戻す

気に入ったコップの形になったところで最後にBakeという作業を行いましょう。

Bakeは文字通り「焼付け」作業です。グラスホッパーで造るデザインはあくまで計画上のイメージの様なものなので最後にBakeすることでライノセラスモデルとして認識されます。

Solid Differenceのコンポーネントを右クリックしてBakeを選択し、任意のレイヤーに焼き付けましょう。

cup23

ここからさらに通常のライノモデルとしてエッジフィレットを行うこともできますし、ソリッドにする前の段階でもそれぞれBakeすることができますので、使い勝手のよいタイミングでライノセラスとグラスホッパーを行き交う様にしていくと双方の強みを活かしやすいのではないでしょうか。

前回の話に関連しますが、私は作業の保存とは別にモデリングのセーブポイントを作り作業途中のモデルやカーブをとりあえず一度グラスホッパーへ登録していつでもコピペできるようにしています。トライアンドエラーがしやすくなるのは便利ですねー♪

 

一先ずこれで完成です!

 まとめ

たった一つの点(原点)から、円と多角形のカーブが作られ、サーフェスになり、ソリッドになりコップをモデリングすることができました。

もちろんこれらは、ライノセラスそのものでも造ることができますし、他のCGやCADソフトでも造ることができるでしょう。ただ、コンポーネントを編集することで自在にモデリングを変更したり、形状の成り立ちを事前に検討したりできるのはライノセラスとグラスホッパーの大きな強みです。

cup24

何か作品をシリーズ展開する時の構成ベースにグラスホッパーを使ってみたり、逆に、グラスホッパーでランダムシード値を作り出し無造作に導き出したカタチで意匠を試みてみたりなど、多種多様な可能性が秘められていると思います。

さらに勉強していけば

物理シミュレーションや地図情報などをグラスホッパーにとりこんでいくことも可能です!

私にとってのグラスホッパーはまだモデリングをサポートするものでしかありませんが、グラスホッパーの本当の魅力はこれまでデザインにはならないと思っていたような要素(時間、緯度経度、天気、性格?!)を数値に落とし込み、デザインやアイデアにしていけるといったところではないでしょうか?

 

でも、まずは

はじめの一歩が大切です!

ぜひ簡単なモデリングからトライしてみて下さい^^

 

さて、この「グラスホッパーはじめの一歩 コップを作る」はこれでおしまいとなります。

少しお休みを頂きますが、このコップを使って「パネリングツールスはじめの一歩」を企画しておりますので、これからもどうぞお楽しみに!

また、焼き物モデリングの進捗もそろそろ一度ご報告できるのでそちらもお楽しみにー!

 - 3D CAD Technology , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

失敗しがちのペーパーカッターの点線のカッティングについて成功するコツとは?!

以前の制作で、ペーパーカッターを使った際に失敗していたことについて気になっていた …

YOSHIOKA   |   3883 Views
DDD_Japanが教える!!学びの《秋》今日は少しアカデミック なトピック♪とは?!

学びの《秋》 今日は少し アカデミック なトピック♪ #myminifactor …

DDD_Japan   |   2180 Views
【6月6日(土)開催!!】噂のイベント「CAD鉄の集い」が面白すぎる5つの理由とは?!

こんにちはCAD鉄です!! みなさんは「CAD鉄の集い」というイベントをご存知だ …

CAD鉄   |   5523 Views
小学生Fusion360使い現る!!【KOGAME君奮闘記その1】3Dプリンターでオリジナルのミニ四駆−フェアウィング−出力!《#面白いシリーズ》

3Dプリンター屋で今週日曜日から起きているKOGAME君の奮闘の日記です!!! …

Nakamura(店長)   |   4109 Views
【いそっぷ3DCAD塾】2分で服のボタンをモデリングするコツとは?!

今回はボタンをモデリングします 一応穴のサイズは流通しているものを参考にしている …

いそぷろ   |   3009 Views
【3Dプリンターでしかつくれない構造】ライノセラス・グラスホッパーでチェーン構造でバッグをつくる。その6

こんにちは!大分の竹田市で3Dプリンターを使って制作活動をしているWIRESの西 …

Nishimura   |   7407 Views
オフラインでも使えるように!!Autodesk Fusion360のアップデートに期待!!

Maker Faire Tokyoに行ってきました〜   出展していた …

YOSHIOKA   |   9328 Views
【新型山手線】E235系 鉄道模型をゆるく3Dモデリングしていくよ!〜3Dプリント準備編Part.1〜

こんにちは、CAD鉄です。 「3DCADができるなら、どんどんみんなでE235系 …

CAD鉄   |   16216 Views
【お客さん体験記】littleBitsマウントボードと連携するLEGOパーツの試行錯誤したこととは?!

※これは実際にお客さんTさんがお店で体験したことを書いて頂いた記事を転記したもの …

Nakamura(店長)   |   3359 Views
Using 3d-printing double-sided stamp Project “Polar Fusion.” two different cultures meet in Doha Qatar.

Hi everyone! 😀 Mark-kun is back with ano …

Mark-kun   |   3260 Views