Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

マテリアライジング展Ⅲで感じる3Dプリントとアートの新時代とは?!

      2015/05/26

こんにちは!オンライン3Dプリントサービス「i.materialise(アイ・マテリアライズ)」の日本担当、Yuiです。普段はi.materialiseのベルギー本社でコミュニティ・マネージャーとしてブログを書いたりしているのですが、Un-industrialにも時々参加させてもらうことになりました!ベルギー発の3Dプリントサービスi.materialiseで造形した面白いもの、イベント情報などを発信していきたいと思います。初回は現在京都市内で一般公開されている展示会「マテリアライジング展Ⅲ 情報と物質とそのあいだ」レポートをお届け。3Dプリンタなどのデジタル加工機をアートや研究に活用した作品を集めた、新時代の美術展の内容を、少しだけ公開しちゃいます!

マテリアライジング展Ⅲ i.materialiseブース

第3回マテリアライジング展

今年で三度目となるマテリアライジング展、昨年の会場東京藝術大学から場所を移し、今回は京都での開催です。会場は京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)。緑の「マテリアライジング展Ⅲ」ポスターが目印です。

会場は京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)。緑の「マテリアライジング展Ⅲ」ポスターが目印です。

i.materialiseと同じく協賛としてこの展示会に参加しているTrotec社は、レーザーカッターを使ってポスターやチラシなどに模様を刻み、オリジナル封筒に作り変えるワークショップを開催。京都市内でものづくり好きの方に作業の場を提供するsacsacと共同で運営されるワークショップです。

レーザーカッターを使ってポスターやチラシなどに模様を刻み、オリジナル封筒に作り変えるワークショップ

封筒にレーザーで刻む模様はライノセラスのプラグイン、グラスホッパーでプログラミングされたもの。会期中は5月31、6月7日、6月14日の11時~14時にワークショップを開催しています。日曜日の開催なので、お子様連れにもおすすめ。

次の開催は5月31、6月7日、6月14日(どれも日曜日)の11時~14時。

次の開催は5月31、6月7日、6月14日(どれも日曜日)の11時~14時。

 

i.materialiseからは2013年のアンディ・ウォーホルデザインコンテストで入賞したトーマス・コーネリス作「カウボックス」、ナイム・ジョセフィ作「メロニアシューズ」などカラフルな作品を展示中。ビビッドな色使いが印象的な作品群は来場者の方の注目を集めていました。セラミックで3Dプリントされた実際に使える食器類もご覧いただけます。

Melonia shoes by Naim Josefi

Melonia shoes by Naim Josefi

 

アンディ・ウォーホルの作品にインスパイアされたCow Box by Thomas Cornelis

アンディ・ウォーホルの作品にインスパイアされたCow Box by Thomas Cornelis

 

セラミック3Dプリントされた、実際に使える食器。Bholdable Cup by Bhold Design, Eggman by Bert De Niel

セラミック3Dプリントされた、実際に使える食器。Bholdable Cup by Bhold Design, Eggman by Bert De Niel

 

自作3Dプリンタで造形された家具を展示しているのは、昨年のマテリアライジング展で4mの巨大3Dプリンタを製作して話題を呼んでいたGenkei代表の加藤大直さんと東京藝術大学デザイン科企画理論研究室の佐々木崇人さん。大きな家具がゆっくりと3Dプリントされていく様子を捉えた映像も、アートの一部になっています。

自作3Dプリンタで造形した家具

こちらはミニチュア版の家具。全く同じデータを使用しています。

こちらはミニチュア版の家具。実寸のものと全く同じデータを使用しています。

 

他にも会場には様々なモダンアート作品やマルチメディア作品が。会場にお越しの際は二階までじっくりとご覧ください。

dot architects×水野大二郎×Fablab北加賀屋

dot architects×水野大二郎×Fablab北加賀屋

 

こちらは展示会オープン初日のギャラリートークの様子。美大生などたくさんの人が集まり、作品製作者の方々の話に耳を傾けていました。

こちらは展示会オープン初日のギャラリートークの様子。美大生などたくさんの人が集まり、作品製作者の方々の話に耳を傾けていました。

 

物的証拠 / Physical Evidence 谷口暁彦

物的証拠 / Physical Evidence 谷口暁彦

 

マテリアライジング展Ⅲは京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAにて6月21日まで無料で公開中です(毎週月曜日の休館日を除く)。アートと3Dプリントの新たな関係性、ゆらぐ情報と物質のあいだを再考察してみませんか?

 - 3D Print Technology, 3DPrint NEWS ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アニメーションなら俺に聞け?!ライノセラス・グラスホッパーを使ったプロトタイプ・アニメ―ションの作り方!!

学校で、グループでの設計課題があり、動くファザードを作ることにした。 その動くフ …

YOSHIOKA   |   5865 Views
新薬の開発《創薬》への3Dプリンター活用法とは?!

皆様こんにちは、米屋辰五郎です。今回は、3Dプリンターが、お薬の開発に利用されて …

米屋辰五郎   |   2907 Views
3Dプリンターでコイを登らせよう!!【5月5日はこどもの日】

こんにちは、毎年ギリギリまで5月人形を飾り忘れて、当日慌てて出しちゃうダメ親父な …

毛利 宣裕   |   3400 Views
Autodesk Fusion360の最新アップデート情報【コマンドライン】の使い方とは?!

Autodeskの、Fusion360の11月のアップデートがありました。 いろ …

YOSHIOKA   |   3083 Views
【Sculptモードの詳細について】123Dで満足?Fusion360でできる小ワザ100選 vol.5

すいません!! 以前の記事のSculptモードはmeshmixerに似ているとい …

YOSHIOKA   |   4603 Views
【詳しい方いたら教えてください!!】無料3DCADのAutodesk_Fusion360でUnity用のデータ作成方法とは?!

Fusion360でモデリングしたものを、Unityで使おうと実験しました。 ま …

YOSHIOKA   |   7329 Views
fabcross×あッ 3Dプリンター屋だッ!!ワークショップ第1弾は学生限定「3Dスキャナとプリンタで自分の顔をプリントしよう」

fabcrossさんとコラボレーションしてお送りするワークショップがスタート致し …

Nakamura(店長)   |   3157 Views
【鉄と錆とPLA】3Dプリンターの造形物に鉄の質感を出そう!その2・鉄塊兎編

こんにちは、廃墟と化した米軍基地と鉄工所の近くで育った米屋辰五郎です。 鉄工所の …

米屋辰五郎   |   5073 Views
【いそっぷ3DCAD塾】Rhinocerosを使って24分で机のモデリングするときのコツとは?!

久しぶりにRhinoでモデリングしている動画をUPしました。   制作 …

いそぷろ   |   2564 Views
《ICTCOメディコン通信》笑いあり、そして笑いあり!キッズプログラミングセミナー!

こんにちは!ICTCOメディア・コンシェルジュのMiokaです~ 今日はICTC …

Mioka   |   2122 Views