Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

【ポルシェ博士の戦車】245-010型を作る!砲身が空を向くワケ

      2015/06/14

こんにちは、押入れに模型の箱ばかりが増える、積みモデラー米屋辰五郎です。さて、しばらく間を置いてしまいましたが、ポルシェ博士の戦車245-010型の続きであります。

SnapCrab_15-6-11_10-9-10_No-00

車体上部の前面と側面のハッチをモデリングして、とりあえず造型してみました。

FullSizeRender

CADデータが出来たら、さっそく出力します。ABSで造型しましたが、斜めの装甲に配置されてるハッチは、別パーツにした方が綺麗に出力できるかもしれません。色々あとで変更するとして、砲塔を乗せてみました。PC画面上のモデルでは、比率などを錯覚してたりすることがある私としては、実際に触れることが出来るのはありがたいです。

砲身が空を向く理由

さて、この戦車、写真のように砲身が空を向いてます。普通の戦車のように地上への攻撃だけでなく、空への攻撃の役目を持たせる計画があったからです。砲身は、ラインメタル社の開発した55mm機関砲MK112というもので、これを360度旋回砲塔に収めて、-8度から82度の角度まで稼動させることが出来る仕様です。

第二次大戦は、飛行機が重要な戦力になった時代です。鋼鉄の戦車といえども、上部の装甲は薄く、飛行機の攻撃に弱いので、対空防御が不可欠。そこで、戦車に対空戦闘能力を備えて、戦車部隊に組み入れることが考えられました。

Nordfrankreich, Flakpanzer auf Landstraße

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bundesarchiv_Bild_101I-301-1955-05,_Nordfrankreich,_Flakpanzer_auf_Landstra%C3%9Fe.jpg

写真は、メーベルヴァーゲンという対空車両です。4号戦車の車体を使用して、対空砲を乗せています。ちなみに、メーベルヴァーゲンとは家具運搬車という意味です。

こうした対空戦車で飛行機を打ち落とそうというのですが…

飛行機に対抗するなら、飛行機を作れば良いのに?!

と、あまり賢くない疑問を持った時期がありました。

第二次大戦時のドイツといえば、メッサーシュミット、ユンカース、ハインケル、空飛ぶ円盤とか飛行機に関して、優秀なイメージがありますが、数が揃わなければ優位には立てないですね。模型屋の棚では、3対1ぐらいで勝っているかな。(比較に問題がありますが、タイガー1戦車1台30万ライヒスマルクに対し、メッサーシュミットbf109は5.6万ライヒスマルクだったそうなので、飛行機の方がコストパフォーマンスが良かったかもしれません。)

出来なかったからには、出来なかった理由があるわけです。

第一次大戦後のヴァイマール共和国では、ヴェルサイユ条約の下で航空戦力の保有を禁止されてました。戦後の日本と似ています。密かに、ソ連に協力してもらってパイロットを養成したりもしてましたが、本格的に空軍が編成されたのは1933年から1935年です。

短期間に再建された脅威のドイツ空軍でしたが、1940年夏からのバトルオブブリテンで大損害、1942年のスターリングラードの戦いでも大消耗、1943年のクルスクの戦いでは物量に勝るソ連空軍に対抗できずジリ貧。特にスターリングラードの戦いでは、戦線が伸びきり包囲されてる陸軍に向けた空輸作戦で、多くのパイロットを失ってます。教官を務めるベテランパイロットの喪失で、新しいパイロットを育成できない事態となってます。ミッドウェイの戦い後の日本と同じですね。

こうして、ポルシェ245-010の計画案が提出された1943年夏では、飛行機不足、燃料不足、パイロット不足が明白でした。制空権が失われる中、飛行機に見つからないように、車両に迷彩塗装を施し、対空戦車を開発し、何とかしようという苦慮が現れてます。

こうしたわけで、ポルシェ245-010の砲身は、空を向くのでした。

 - 3D CAD Technology, 3D Print Technology, 3DPrint NEWS , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

123Dで満足?Fusion360でできる小ワザ100選 ~Vol.0 『Fusion360って?』~

Autodesk 123Dの上位互換であるAutodesk Fusion360に …

YOSHIOKA   |   8360 Views
ニコニコ超会議で、3Dプリンタと暮らす未来を見た!

どうも、あさよです。 先日行われたニコニコ超会議に、ふりかけプリンタを持ち込んで …

あさよ   |   3767 Views
《ICTCOメディコン通信》恒例・会員ミーティング(12月)

明けましておめでとうございます! ICTCOメディア・コンシェルジュのMioka …

Mioka   |   1119 Views
【初めての3Dプリントにぴったり!】無料3DソフトTinkercadの使い方とは?!クリスマス・年末年始の営業に関してのお知らせ!!

オートデスク社が提供する3DモデリングソフトTinkercadは、最も使いやすく …

Yui@i.materialise   |   9148 Views
【いそっぷ3DCAD塾】2分で服のボタンをモデリングするコツとは?!

今回はボタンをモデリングします 一応穴のサイズは流通しているものを参考にしている …

いそぷろ   |   1664 Views
Maker Girl(仮)は3Dプリンタ侍でMaker Faire Tokyo 2015 潜入レポート^^そこで気になったものとは?!

こんにちは!木村正子です。今回はMakerFaire Tokyo 2015@東京 …

Shoko KIMURA   |   3555 Views
【いそっぷ3DCAD塾】スカルプの回転で気を付けること&コップをつくるコツとは?!

スカルプの回転コマンドでコップをつくります。 この時気を付けないといけないのが面 …

いそぷろ   |   1503 Views
今注目のスイス人デザインナー2人組デールザック&スーキーって知ってる?!透明樹脂の3Dプリンタ製シャドーアートとは?!

今週ご紹介する注目3Dプリントデザインは「5枚のカラフルな色つきパネル」。スイス …

Yui@i.materialise   |   2369 Views
3Dプリンターで自転車にスピーカーを搭載してみた【道交法対応チャリモノラル】

※この記事は音楽を聴きながらの自転車の運転を推奨するものではありません こんにち …

YOKOITO   |   6644 Views
気になる!?【アセトンベーパー処理後の重さを量ってみた!!】その1

どうも、masaです。 前回までは、アセトンベーパー処理をする際にひと手間加える …

masa   |   2501 Views