Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

yuuの《グラスホッパーはじめの一歩》3Dモデリングでコップを作るコツとは?!その2

   

こんにちは、「グラスホッパーはじめの一歩 コップを作る」の第2回です。

前回は、グラスホッパーの導入からコップの底を作るための円の描き方をお伝えしました。この回では、コップのフチとなる五角形をPolygonのコンポーネントで描いてみたいと思います。
尚、今回のモデリングはわかりやすさ重視の為、実際のコップよりもかなり小さいサイズでのモノづくりになっております。

見やすい数値で大きさのバランスだけを考えています。

  • フチを多角形で描く

ライノセラスでも多角形を描くことはできますが、グラスホッパーのCurveタブ>Primitive>Polygonを使うことで、多角形の形をシミュレーションしながらモデリングを行うことができます。

PolygonはCircleにあった平面と半径に加えて、S=SegmentsとF=Fillet Radiusの項目が新たに追加されます。

Sは何角形にしますか?と聞いているのでここにはパネルで5と打ち込み繋ぎます。すると五角形が現れます。3以上であればOKです。スライダーの整数で繋いでも構いません。

また、Fは頂点となる部分をどれくらいフィレットしますか?と聞いているのでここでは1と入力します。Pはデフォルトで構いません、Rにはスライダーをつけてサイズ調整ができるようにしたいと思います。

cup08

フィレットのかかった五角形が表示されたでしょうか?

現在はPをデフォルトにしているので原点位置にXY座標へ広がるように描かれています。では、コップのフチにしたいのでさらにこれを少しZ軸方向に上げていきましょう。

  • 描いたカーブを移動する

Transformタブ>Eucidean>MoveとVectorタブ>Vector>Unit Zを選択します。

MoveにあるG=Geometryに先ほどのPolygonを結びT=Motionに移動する方向と移動する量を与えます。なのでUnit Zを結びUnit ZのF=Factorに数値を入れます。今回は20としましょう。

cup09

cup10

五角形がZ軸から20mm高い位置に移動しましたか?20mmなので実際にコップにするためにはもっと大きくなくてはいけませんが、今回はコップに見えるバランスだけを考えたいと思います。

グラスホッパーを使えば、三角形にしたい八角形にしたいなども簡単に変更できますし、フィレットの大きさや高さの設定も簡単に調整することができます。今回の作例では、底の大きさとフチの大きさをスライダーで調整して様々な形をシミュレーションできるようにしたいと思います。

「あ、やっぱりもう少し丸みをつけたかったかな?」と思ってもライノセラスだけでは作り直しが必要になります。ですが、グラスホッパーを導入することで常に後からでも変更できるようになるのでじっくりとデザインイメージを練り上げることができるようになります。多様なコンポーネントを織り交ぜて難しいデザインにも挑戦できますが、このような簡単なデザインにこそグラスホッパーを活用してデザインの地盤固めをしておくのが作業効率のアップにも良いのではないでしょうか。

cup11 cup12

では、次回は底とフチ2つのカーブからポリサーフェスを作って行きたいと思います。

自分なりの

サーフェスって何?ポリサーフェスって何?ソリッドじゃないの?

についても少し説明できればと思います。

ようやくコップらしくなっていきますよ!どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 - 3D CAD Technology , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「建築界のノーベル賞・プリツカー賞」と3Dプリンターの共通点とは?!<補足>

アラヴェナの事務所、ElementalのABC of Incremental H …

YOSHIOKA   |   1096 Views
3Dプリンターで自転車にスピーカーを搭載してみた【道交法対応チャリモノラル】

※この記事は音楽を聴きながらの自転車の運転を推奨するものではありません こんにち …

YOKOITO   |   6184 Views
Fusion360に待望の日本語版が今秋リリース予定!!

今まで英語版で提供されてきたFusion360ですが、 なんと今年の秋に日本語版 …

いそぷろ   |   1988 Views
きっかけはTwitter?!ハイグレード3Dプリンティング・フィラメント《Voltivo Excelfil™》とは!?

海外からのコンタクトが多い最近、 こんどの!きっかけはTwitterからのコンタ …

Nakamura(店長)   |   1413 Views
【テトラポットって全100種類以上って知ってた!?】3Dプリンターでアクセサリー作るコツ

こんにちは。 改めまして、海洋建築を学んでいる消波ブロック好きな大学生のテトラガ …

テトラガール   |   4364 Views
【いそっぷ3DCAD塾】Autodesk Fusion360を使って2分で小物入れをモデリングするコツとは?!

今回は小物入れをモデリングします。 モデリングに使うコマンドは”直方体”だけです …

いそぷろ   |   1843 Views
【初心者記事】Autodesk Fusion 360 日本語化を使い熟すまで…まずはそのインストール方法とは?!

こんにちはお久しぶりです木村正子です。 3Dデータ用ソフトは今まで123D De …

Shoko KIMURA   |   9674 Views
ついに鉄道を3Dプリント!!ちょっとしたコツや早速状態をチェック!!

皆さんこんにちは。 サイバートヨッチです。 車両自体の設計も前回終了し、早速印刷 …

サイバートヨッチ   |   2295 Views
Using 3d-printing double-sided stamp Project “Polar Fusion.” two different cultures meet in Doha Qatar.

Hi everyone! 😀 Mark-kun is back with ano …

Mark-kun   |   2012 Views
中野ブロードウェイのあッ3Dプリンターだッ!!店舗まるごと3Dスキャン結果は!?

前回の記事で最後に触れていた、あッ3Dプリンター屋だッ!! のまわりの3Dスキャ …

YOSHIOKA   |   1414 Views