Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

【3Dプリンターならではの構造】ライノセラス・グラスホッパーでチェーン構造でバッグをつくるその4

   

こんにちは!大分の竹田市で3Dプリンターを使って制作活動をしているWIRESの西村です。

この【3Dプリンターならではの構造】ライノセラス・グラスホッパーでチェーン構造でバッグをつくるシリーズも中盤です。

だと思います。。
前回メッシュをBrepに変換出来たので、今回は、三角ピースをチェーンで繋げるためのジョイント部分をつくっていきます。

まず、最初の方に作成したMesh Exprodeコンポーネントのところまで戻ります。
このコンポーネントで、ベースとなるメッシュを分解しました。
一つ一つの三角メッシュが格納されている状態です。

次に、Sets>>List>>List Itemコンポーネントを選択します。

↓図のように接続します。
すると、一つの三角メッシュが現れました。
これは、List Itemコンポーネントi(Index)にデフォルトで0が入力されているため、0項目のメッシュが抽出されたということです。

次に、weaverbird’s Face Polylineコンポーネントを選択します。

↓図のように接続します。
これで、一つの三角メッシュのアウトラインが取れました。

次に、Curve>>Util>>Explodeコンポーネントを選択し、三角形のアウトラインを3本の線に分解します。

次に、List Itemコンポーネントを3つ複製し、右クリックして、それぞれのi(Index)012を入力します。

3本の線を1本づつ識別させるためです。

ここから、この3本の線を利用してジョイント等を配置する平面を作っていきます。
↓図に描くとこんな感じです。

面ABCに平行で、それぞれの線分に対してY軸が垂直に交わる平面を、各線分の中点に配置していきます。
そして、作成した各平面にBrepを置いてブール演算で削ったり、ひっつけたりするといった感じです。

まず、Curve>>Analysis>>Polygon Centerコンポーネントを選択します。

このコンポーネントは、ポリラインの中点を抽出します。

次に、先ほど三角形の各線を識別させるために作ったList Itemコンポーネント3つを複製し、Polygon Centerコンポーネントに接続します。
これで、各中点も識別できるようになりました。

次に、Vector>>Plane>>Construct Planeコンポーネントを選択します。
このコンポーネントは、原点とXY軸から平面を出力します。

図で描いたように、三角形の面と平行した平面が欲しいので、原点を各線の中点として、任意の2辺をConstruct PlaneコンポーネントXYに割り当てます。
(三角形は任意の2辺がわかれば面が出せるので)
↓図のように接続すると、原点が中点で、線分に対してy軸が垂直に交わる平面が出来ました。

↓図のように接続して、すべての辺に対して平面を出力します。

次に、Transform>>Euclidean>>Orientコンポーネントを選択します。

このコンポーネントは、Aのソースとなる平面(デフォルトではワールド平面)にあるGのオブジェクトをBのターゲット平面に配置します。
↓図のように接続します。
これで、ターゲットが先ほど作成した各平面になります。
Aのソースとなる平面は、デフォルトのままでワールド平面にします。

ちょっとテストしてみます。
ワールド平面の原点に図のような立方体を作成してみました。

BrepコンポーネントOrientコンポーネントGに接続し、右クリックからSet one Brepを選びます。
先ほど作成した立方体を選択します。

↓問題なく配置されました。

とりあえず一つ出来たので、これをすべての三角メッシュに反映していきます。
最初の方に作ったList Itemコンポーネントまで戻ります。

このList Itemコンポーネントは、i(Index)がデフォルトの0のまま使用していたので、出力された三角形が一つでした。
List Itemコンポーネントを右クリックして、Set Multiple Integersを選びます。
複数の数値を入力できるウィンドウが現れるので、こちらに数値を入力していきます。

PanelコンポーネントMesh Exprodeコンポーネントを調べてみると、0〜172項目、合計173個の三角メッシュがありました。

先ほどのSet Multiple Integers0〜172まで入力します。
(Excelとかで連番作ってペーストすると楽です)

↓こんな感じなりました。

↓立方体を配置するとこんな感じです。

↓とりあえずBakeしてみました。

ベースになる平面が出来たので、これを使って三角ピースのフチを切り取ったり、穴を作ったりなど色々出来るようになりました。
次回は、実際にジョイントパーツを作っていこうと思います。
お楽しみに

 

西村でした

 

 

 - 3D CAD Technology , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

123Dで満足?Fusion360でできる小ワザ100選 vol.1 〜『Fusion360で出来る事!』〜

  前回も触れたSculptモード以外にも、Fusion360は多くの …

YOSHIOKA   |   9024 Views
Goproがあれば、誰でも簡単にIOTとARを経験できる!?

前回  オリジナルプラレール作ります!<笑顔がご褒美> というのを書きましたが、 …

毛利 宣裕   |   1967 Views
【いそっぷ3DCAD塾】Autodesk Fusion360の座屈解析はどこまでできるか?!遊んでみた

日本語化されてうれしい反面、今まで書いた記事を直していかないとなぁ…。 解説サイ …

いそぷろ   |   4121 Views
【Processing(プログラミング)を使って簡単にうねうねしたカタチを作る方法とは?!】123D・Fusion360でできる小ワザ100選 vol.6

今日から学校が始まり少し憂鬱なT美の2年のヨシオカです。 さて、この写真の形状、 …

YOSHIOKA   |   9253 Views
【Printed by Zortrax】組み立てろ!!造形した列車の組み立てるコツとは?編

こんにちは。サイバートヨッチです。先日印刷したものを組み立ててみました。というよ …

サイバートヨッチ   |   3758 Views
【いそっぷ3DCAD塾】クワッドボールコマンドとは何か?それでできることとは?

名称:クワッドボールコマンド 場所:スカルプ>作成>クワッドボール …

いそぷろ   |   3810 Views
【いそっぷ3DCAD塾】初心者から一歩踏み出したいときに読む本のオススメとは?!

定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析 &#821 …

いそぷろ   |   3153 Views
Autodesk 123Ddesignは誰でもどこでも3Dプリンターを身近に体験できる3Dソフト

私の記憶が正しければw今まで123Ddesign教えた方の中で1番の高齢の方だと …

Nakamura(店長)   |   3250 Views
【8月1日の駅ファブ通信】サイエンスは1%のひらめきと99%のときめきである!!中学生が自分の好きな形のゼリーを作るイベントとは!?

「サイエンスは、1%のひらめきと99%のときめきである」どこかの誰かが言ったとか …

駅ファブ@Saito   |   7206 Views
【CAD艦】123Ddesignで1/144モデルの艦首の作り方【重巡愛宕】

ゴールデンウィークは混むから引きこもってます、ヨシダです。家から近くに線路がある …

ヨシダ   |   7371 Views