Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

ポルシェ博士の戦車typ245_010を作る! その3

   

皆様、こんにちは。まだゴールデンウィーク中で旅行に行ってる人もいるかもしれませんね。人生最大の旅行が、いまだに高校の修学旅行という、米屋辰五郎です。。

さて、前回は、ポルシェ博士の戦車typ245_010の車体をFusion360を使用してモデリングしました。今回は、砲塔のモデリングに入りたいと思います。

SnapCrab_15-5-6_19-48-20_No-00

最初に完成した砲塔を挙げますが、全体的に丸っこく、砲身は細い、天蓋部のハッチは仲良く左右対称、この皿の上のプリンのような佇まいが良い感じです。

1.砲塔の基本形状のモデリング。

今回も、モデリングはFusion360で行いました。使っているうちに身につくタイプのソフトですね。なにしろ、挙動が安定しているのが良いです。

2015-5-6_9-51-28_No-00

2015-5-6_10-14-51_No-00

砲塔の形状は左右対称なので、半分モデリングでOKです。先ず、SKETCHで砲塔の断面の更に半分を描きます。そして、CREATE→Revolveで180度回転させると基本形状ができます。

2015-5-6_9-57-38_No-00

2015-5-6_10-1-26_No-00

2015-5-6_10-3-23_No-00

次に天蓋部部分の前と後ろの切り欠きを行います。図面から角度を割り出し、その角度で作った直角三角形をExtrudeしたオブジェを用意。天井部分に、三角形の頂点の位置を合わせるためのLineを引いておきます。三角オブジェをMoveのPoint to Pointを選択して、引いておいたLineに移動させればOKです。Fusion360は、位置合わせが楽ですね。

最後に、MODIFY→Combineからcutを選択して、三角部分を引き算して完了です。モデリングの基本の一つですね。CADの基本的な考え方は、Stonesoup inc.浦元CEOのこちらの記事【3Dモデリング上達の秘訣”モデリング脳”とは?!】で解りやすく述べられています。パーツの分解、加算、減算、掛け算をマスターすれば、何でも作れそうです。

2.天蓋部部のハッチのモデリング。

yyyy-m-d_h-n-s_41o-00

yyyy-m-d_h-n-s_42o-00

天蓋部のハッチのモデリングに入ります。このハッチ、開閉出来るように分離して別パーツとします。そこで、砲塔本体に穴を開けておきます。円柱を作って、ハッチを設置する部分にMoveしてから、ここでもMODIFY→Combineからcutして開口します。

SnapCrab_15-5-7_12-56-8_No-00

わざわざハッチを分離したのは、戦車兵のフィギュアを乗せる為ということもありますが、両ハッチを開口させるとこんな形になるからでもあります(潜望鏡の設置は、まだですが)。
何かに似てませんでしょうか?フロリダや浦安に居る著作権に厳しい彼です。実は、ソ連のT34中戦車に同じようなハッチ形状の車両がありまして、アメリカ軍からそう呼ばれてました(興味のある方…居ない?、ミッキーマウス T34で画像検索しよう!)。戦場に登場してたら、このポルシェ博士245型軽戦車がそう呼ばれてたかもしれませんです。

 3.ハッチのモデリング。

SnapCrab_15-5-6_10-53-8_No-00

SnapCrab_15-5-6_11-2-47_No-00

完全な円形なので、SKETCH→Circleで円を描いて、Extrudeで厚みを持たせて、MODIFY→Filletで蓋部分を作ります。

SnapCrab_15-5-6_11-53-10_No-00

SnapCrab_15-5-6_12-2-43_No-00

次にヒンジのモデリングをします。SKETCHから基本形状をつくり、MoveからPoint to Pointを選び、円形の淵にぴったり取り付けます。

SnapCrab_15-5-6_12-3-22_No-00

SnapCrab_15-5-6_12-5-16_No-00

Filletを使い、それらしく整えていきました。ここで、ハッチは別パーツとしますので、データを別の名前で保存しておきました。

SnapCrab_15-5-6_12-54-46_No-00

SnapCrab_15-5-6_12-56-0_No-00

ハッチを砲塔本体に取り付けます。この際、ハッチ部分を後で減算するので一体化はしません。受け側も立方体からFilletを使って、形を整えていきます。

SnapCrab_15-5-6_12-56-46_No-00

SnapCrab_15-5-6_12-57-18_No-00

受ける部分の形状が出来たら、MODIFY→Combine→Cut選択でハッチ部品の方を引きます。

SnapCrab_15-5-6_13-7-35_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-9-8_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-12-4_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-12-30_No-00

次にボルトの穴を開けます。ここも左右対称なので、半分のモデリングでOKなところです。円柱を重ねて、減算して二箇所の穴を開けます。MODIFY→CombineからCut。
Holeという機能があり、ねじ穴用に便利そうですが、今回は使用しませんでした。

SnapCrab_15-5-6_13-16-32_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-13-28_No-00

Mirrorをする準備で、Planeを設置します。CONSTRUCT→Midplaneから、基準となる2箇所の面を選択して真ん中にPlaneを設置します。

SnapCrab_15-5-6_13-17-43_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-18-28_No-00

Mirrorしたいボルト穴は2箇所ありますので、Shiftキーを押しながら選択します。CREATE→Mirrorで完了です。

4.潜望鏡(ペリスコープ)のモデリング。

車両内部は装甲に閉ざされた空間ですので、基本的に戦闘中は、潜水艦のように潜望鏡から外を確認する形になります。ペリスコープは、戦車の目に当たります。外部に露出している部分に弾が当たっても、搭乗員は無事で済みます。

SnapCrab_15-5-6_13-42-41_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-43-8_No-00

SKERTCHで断面の半分を描き、CREATE→Revolveで360度回転させて基本形状を作ります。左右対称ですが、簡単な形状なので一気に作ることにしました。

SnapCrab_15-5-6_13-47-25_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-48-2_No-00

切り欠きは、立方体から減算して作ります。MODIFY→CombineからCut。

SnapCrab_15-5-6_13-49-47_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-50-26_No-00

SnapCrab_15-5-6_13-50-44_No-00

レンズ部もSKETCHで描いてからExcrudeで立体にします。上の部分のエッジはFilletで丸みを付けます。

SnapCrab_15-5-6_13-52-19_No-00

既に作っておいたハッチに取り付けます。先ずペリスコープをハッチの平面に移動させてから微調整を行いました。裏側、つまり車内側にもペリスコープを設置しなければなりませんが、次回に持ち越します。

SnapCrab_15-5-6_14-7-51_No-00

砲塔本体にハッチを取り付けて、おかしい所がないか確認します。この後、砲身と機銃を設置しましたが、次回に説明させていただきます。

5.仮組みしました。

SnapCrab_15-5-6_19-56-11_No-00
さて、今、手元にあるデータを仮組みしてみました。だんだん戦車らしくなってまいりました。まだまだ、難関が待ってそうですが。

ここまで読んで頂いた皆様の忍耐力と心の広さに感謝いたします。次回は、砲塔の残りの部分と、車体の細かい部分のモデリングをする予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

 - 3D CAD Technology, 3D Print Technology, 3DPrint NEWS , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

恐るべし絵を描いて写真撮るだけで3Dプリントできるアプリ!!Shape Maker

とてつもないソフトがMakerbotからリリースされました。 まさに誰でも&#8 …

Nakamura(店長)   |   3336 Views
【3Dプリンターでしかつくれないチェーン構造】3Dプリンタで出力前に体積を圧縮する裏技公開!!

どうもお久しぶりです。大分の竹田市で3Dプリンターを使って制作活動をしているWI …

Nishimura   |   3451 Views
【3Dモデリング上達の秘訣”モデリング脳”とは?!(2)】 作りたい形状を分解すれば、簡単に見えてくる!!

こんにちは。あッ‼3dプリンター屋だ‼東京メイカー×ストーンスープ×ミライスを協 …

浦元(ストーンスープCEO)   |   4685 Views
好評だったが失敗もあった「3D プリンタでランプシェードをつくる」ワークショップとは?!

東京メイカー主催の 「第 31 回 3Dプリンタ勉強会」の講師としてまねかれて, …

金田   |   1249 Views
【いそっぷ3DCAD塾】Rhinocerosでのオフセットサーフェスを使うときは、許容差にも気を付けよう!?

曲面モデリングを進めていく場合 一枚のサーフェスで曲面をつくり、最後にサーフェス …

いそぷろ   |   1368 Views
美学者モンロー・ビアズリーから理解するFusion360でパラメトリックCAD(ヒストリー機能)とは?!

Fusion360の特徴として、パラメトリックモデリングが可能であるということが …

YOSHIOKA   |   1147 Views
第2回ファブ地球社会/創造的生活者シンポジウム 〜いま、わたしたちに必要なオープンイノベーションとは?!にて感じたこととは?!

先日の土曜日に2回目になる【ファブ地球社会/創造的生活者シンポジウム】 の報告会 …

Nakamura(店長)   |   1110 Views
こうすればもっと安く!3Dプリント代の賢い節約法とは?!

3Dプリントサービスを利用したことのある方であれば、出来上がった3Dデータの見積 …

Yui@i.materialise   |   2993 Views
印刷の向きによって造形は変わるのか?!UPminiを使って本気で試した印刷の向きと驚きの結果とは?!

こんにちは。サイバートヨッチです。 最近は雨の日が多くて梅雨入りの季節だなとしみ …

サイバートヨッチ   |   2176 Views
明日開催!!【参加無料3/24イベント】自動車産業にむけた3Dプリント技術を応用した 新しい産業の在り方とは?!

「3Dプリント東京」 自動車産業 x 3Dプリント アメリカやヨーロッパの自動車 …

DDD_Japan   |   772 Views