Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

CGソフトでモデリングしたデータ、3Dプリンタで上手く出力できてます?修正に苦労してませんか??【後半】

   

こんにちは、長男には「ちゃんと原稿用紙にびっちり400字分感想文書け!」と言いつつ、自分は出さないか、2行で終わらせていたつけが今頃やってきたMohriです。

前回STLが1つのファイルの中に2つある場合、この2つが離れていれば問題ないのですが、重なっていると重大な問題を発生する場合があるとお話しましたが、他にも、面の欠け、面の重なりなど様々な問題がおこることがあります。
こちらも話すと長くなるので別の機会として、さっそく実際に検証してみたいと思います。

前回紹介した、MicrosoftNetfabこれだけを紹介してもつまらないので、フリーソフトでしかもSTLの全自動修正機能があるもの限定。いくつかあると思いますが、直感的に使えSTLの修正機能が一番強力だと思っているのが、AutodeskMeshmixerのRepair機能。これを対抗馬として検証してみたいと思います。

検証データとして使うのは、2年ほど前にAutodeskさんから造形依頼を受けたもので、AutodeskのMayaでモデリングされたゲームのキャラクターSven。

001maya1

002ORG1
ちなみに、MayaでポージングされたものをそのままSTL化したもので、3Dプリントすることを一切考慮されていない(する必要のない)データを使用しています。

当時CGのデータ修正に慣れていない私は業務用ソフトを使って5時間かけて修正しましたがそれでも修正しきれず・・・・(今は2時間くらいで直せるようになりました(CAD系の修正はもっと早くできますよ!!))。
通常オーダーが終わったデータは、半年程度で消してしまうのですが、このデータが一発で直せるようなソフトができたら凄いなと思い、ベンチマークとして取ってありました。
ということで、今回はAutodeskさんに特別に許可をいただき掲載させていただいています!

003ORG2後ろから見ると、ランドセルの一部が赤く表示され、面が裏返っている(法線方向が逆を向いちゃってる)のと、腕のリングの内側の面が無いなど、見るからに手ごわそうな感じです。

004ORG_Shell

更に業務用ソフトで解析すると3Dプリントの大敵、1つのSTLの中に71個もの別のSTL(シェル)が重なったり離れていたり!!
断面を切ってみると・・・・

010ORG3Cut
もう絶対にこのまま3Dプリントしちゃダメです!
背中とランドセルは分離してブーリアンしてあげれば直りますが、お腹と太もも、膝の裏側はSTLがループして重なっています。
これは絶対に無理(汗)

データサイズ56MB、CADだとシリンダーヘッド並みの大きさがあります。

では早速Meshmixerで読み込んで、修正してみます。

006

読み込むのに約10分、各ボタンを押すのも時間がかかる・・・

007Mesh
Repairボタンを押して待つこと90分。
データサイズ48MB余分なものが消えた分軽くなったみたい。

正面から見るととてもきれいに仕上がって変形も欠損もないので、背中を見ると・・・!!
先ほど面が裏返っていたランドセルの一部が無くなっている!
業務用ソフトで解析すると、エラーはゼロ ただし上の画像のランドセルのピンクの部品、バーニアの小さいパーツが離れているシェルとなっている。
3Dプリントすると4つのパーツに別れちゃうけど大丈夫らしい。

012Mesh2

断面を見ると、さすがエラーゼロだけあって、お腹と太もも、膝の裏もきれいにトリミングされています←これ手動で補修するのはとんでもなく時間がかかります。
ここまでフリーソフトで全自動で出来ちゃうなんて!!
ランドセルの一部さえ事前に直しておけば、全く問題なく使えますね!

次にNetfabこちらはもっと簡単。MSのOneDriveと同じアカウントでログインして、データをUPLOADするだけ。
Netfab

ネット環境にもよりますが、

UPLOAD→3分→REPARE→10分→DOWNLOAD→2分 たったの15分で、
ファイル名に _fixed ってついて帰ってきました。

008Micro1

業務用ソフトで解析してみると、エラーゼロ。データ容量:45MB
正面から見て問題なし、後ろから見てもバーニアの2部品のみ別パーツ、あとは大丈夫。

011Micro2

断面切っても完璧に修正されていました。このほかにも幾つかCAD系の物をわざと面を欠落させたりして試しましたが、いずれも結果は同じ。自動修正だけなら、業務用より優れている。
現状STLの無料自動修正ではNetFabが最強ではないかと思います。
もちろん、Meshmixerはモデリングからサポートを付けるところまででき、Makerbotを持っている人はスライスデータまでできちゃうので、トータルではこちらが勝りますし、業務用ソフトはエラー箇所の解析やパーソナルでは複数のソフトを行き来しないと出来ないことが、完璧に1本で出来ちゃうし、不具合も窓口対応が完璧なので、ウン百万円も納得のクオリティです。

従来、CGソフトでモデリングされた物を3Dプリントする場合、完璧に修正してから出力と非常に時間がかかっていましたが、
このいずれのソフトでも、とりあえずSTLを出力⇒自動修正⇒データを確認して⇒自動修正しきれなかったところだけ⇒CGソフトに戻って修正と言うことを繰り返すと、相当な工数を削減できるのではないでしょうか?

これが去年の10月にあれば、最低でも50時間の工数削減と数回の徹夜を回避できたのではないかと思ってしまいました。
私は手放せないアプリとなりました、皆さんも是非試してみてください!!

 - 3D Print Technology, 3DPrint NEWS , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スマホアプリから誰でも3Dプリントが直接できるQ-BLOCKやってみた

ドット絵が来ている(自分の中で) たかくらかずきさんを筆頭に密かに来ているドット …

かにみそ   |   3771 Views
3Dプリンターで造ったハロウィーンのかぼちゃwその後の意外な使いみちとは?!

みなさんは先週末のハロウィーンはどうやって過ごしましたか?! おもいおもいの格好 …

Nakamura(店長)   |   2825 Views
【da vinci1.0】新ジャンル!!3Dプリンターで作った盆栽フィギュアとは?!【CAD盆栽】

123Ddesignで1/144重巡「愛宕」の3DCADデータを作ったり、3Dプ …

ヨシダ   |   3194 Views
えっ…無料なのに!?あッ3Dプリンター屋だッ!!で開催される《CAD鉄の集い》に行くとトクする事とは?!

こんにちは。CAD鉄です。 今週土曜日にせまった「CAD鉄の集い vol.5」で …

CAD鉄   |   2619 Views
【3Dプリンター・CUBIS体験記】コスパ最強キュービスのフィラメントロードから3Dプリントするときのコツとは?!

今回はフィラメントのインストールの様子を写真でご紹介致します!スタッフの高橋です …

CUBISの中の人   |   4112 Views
《けっこう重要!!》XYZ printingのMiniMakerのベット調整とは!?

今日、Mini Makerを使って3Dプリントをしようとしたところ、 エクストル …

YOSHIOKA   |   3838 Views
ワンフットシーバス・田中のWio Node経由でlittleBitsとIFTTT Do Button(Maker Channel)の繋げかたとは?!

玉城さんのWio Nodeを試してみた記事とLIGさんのWio Nodeソーシャ …

ワンフットシーバス   |   2649 Views
ジャンルに分けてみた!!3Dプリンター屋タイルコンテスト!!みんなの進化とこれからの変化とは?!

さて、タイルコンテスト 途中経過としましたが、なんとなくジャンル分け?! ができ …

Nakamura(店長)   |   2922 Views
【あの有名なポルシェ博士の戦車を作る】その1

誰でも知ってる自動車のブランドといえば、ポルシェではないでしょうか。ポルシェとの …

米屋辰五郎   |   7507 Views
【いそっぷ3DCAD塾】いそぷろが教えるFusion360でBOX-SCULPTモデリングの初めのコツとは?

MODELの解説に飽きたので、SCULPTの解説をやり始めました(笑) 名称:B …

いそぷろ   |   2631 Views