Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

123d design 3Dモデリング 鉄道模型編 出力ファイル作成

   

前回の投稿が予想以上に大きな反響をいただきました。いいねやリツイートしていただいた方ありがとうございます。

前回は外形のモデリングをしましたので、続きとして、出力ファイルの作成まで書いていきます。後半は旧型Cube専用ソフトを使っていますので、旧いCube 2nd.gen(Cube2)はこうやってるんだよという参考程度に読んで(読み飛ばして)いただけたらと思います。

01

作成したボディのモデルをCombine→Mergeで全体を一つのオブジェクトになるように結合します。結合忘れが無いかどうか確認するのに、オブジェクトを選択した際に表示されるメニューからHideを選ぶとわかりやすいです。Hideで隠したオブジェクトは右側のメニューから立方体と目のアイコンをマウスオーバーさせた際に出るShow Solid/Meshesで再表示させられます。

02

一体化オブジェクトをコピーして、片方のサイズを変更します。側面、上面の最低の肉厚が1mmを超える量が目安になります。今回は1/150スケール、全長170mmで長さ方向に0.98倍、幅方向0.9倍、高さ方向0.95倍にしました。

03

次に縮小した方のオブジェクトを動かして、元のオブジェクトの底から少し飛び出す程度まで下げ、前後の位置を調整します。幅方向はセンタリングされた状態で縮小されていますので動かす必要はありません。縮小オブジェクトを選択できないときは元サイズの方をHideすると作業しやすくなります。縮小オブジェクトの位置が決まったらConbine→Subtractから元のオブジェクトをTarget Solidに縮小オブジェクトをSouce Solidに指定します。

04

これでモデリング物の底が抜けた状態でくりぬかれました。

次に底板を作成します。

05

厚さ1mmの板をスカートより若干高めの位置に底が来るようにし、幅と後ろ端をくりぬいた部分を完全に覆うが外形から飛び出さないように置きます。前部はスカートより前に飛び出させておきます。くりぬいたボディをコピーしてConbine→Subtractから底板をTargetにボディをSouceに指定します。これでくりぬいた底にぴったりはまる底板が作成されました。スカートの外にはみ出した部分は削除しておきます。

06

次に底板とボディを丸ごと90°横回転させて、底板の突起物を作成しました。

07

底板と突起物はボディと一緒に造形するとサポートに埋まって、どこまでが造形物か判断できなくなるので、ひっくり返して、別オブジェクトとしてプリントアウトすることにしますので、脇によけておきます。今回は窓を抜いていないので、車内がみえるようにはならないかもしれませんが、おまけで座席も作っておきました。後で一括して載せられるよう、底板をコピーしてその上に乗せておきました。

Cube2の出力サイズは約12cm角までですので、このサイズに抑える必要がありますが、今回のモデルは全長約170mmと最大造形サイズを超えてしまうので、分割して出力します。

090810

ボディをコピーして分割する部分を直方体等で覆い、Combine→Intersectで覆った部分を、Combine→Subtractで覆っていない部分を分割します。同様に底板も分割しておきます。

次に1回分の出力ごとにstlファイルを作成します。一旦Save a copy To My Computerで名前をつけて保存しておきます。1回分の出力に必要なオブジェクトだけを残して、他はデリートしてしまいます。Export STLで名前をつけて保存します。一旦123Dを終了させて、先ほど保存したファイルを読み込んで、次に出力するオブジェクトをstl化します。今回は車両前部、後部、底板・座席の3つに分割しました。
stlファイルは汎用の3Dファイルで、三角形のポリゴンを張り合わせたサーフェイスデータになります。以前のバージョンだとstlファイルを123D Designで確認することはできませんでしたが、今のバージョン1.4.51ではstlファイルを読み込んでモデリングに追加することもできます。今回保存した先頭部分のstlファイルを123Dに読み込むと下のようになります。

09b

ここからはCube2専用の操作になります。お使いの3Dプリンタや印刷サービスに合ったスライサソフトをお使いください。参考まで、昔はこうだったという説明になるかもしれませんが説明します。
cubeを購入すると(多分しなくても)3D systems社のサイトから専用のソフト(cube software)がダウンロードできるようになります。インストールして起動すると青い板が画面の中央に表示された画面がでてきます。

11

Importでstlファイルを指定すると画面の中央にstlオブジェクトが配置されます。(*グリッドはインチなので注意。)回転・縮小機能などありますが、今回はいじりません。出力のパラメータは、Raft(下地の樹脂の網目)を形成するかどうか、サポート(保持材)を形成するかどうか、造形密度は三段階 粗 Hollow>Strong>Soli 密で選べます。PLA,ABS(あるいは共用)の設定も行います。Build アイコンクリックで保存するとcube2専用の出力ファイル 拡張子.cubeが出力されます(2bite文字を含むツリーへ保存するとエラーが出るので注意。)。このソフトで.cubeファイルの中身も確認できます。何も表示していない状態で.cubeファイルをImportすると下のような画像が表示されます。

12

細かくて非常に見えにくいのですが黄色が造形物、ピンクがサポート、青がRaftになります。Raftやサポートが納得いく状態であれば、出力に移ります。
cube2にはWifiが搭載されているので直接送信もできるようなのですが、メインマシンに使っているタワーPCにはWifiをつないでいないのでUSBメモリで運用しています。USBに.cubeファイルを入れてcubeにつなぎ、出力ファイルを指定して出力を行います。

出力中

P4160237

出力中のcube2(改)。みなさんおなじみのcube2とはなにやら雰囲気が違いますが、これについてはまたの機会に書いてみます。

P4160240

先頭部の出力完了

P4160241

次はラフトとサポートの除去と表面処理について書いてみようと思います。

 - 3D CAD Technology, 3D Print Sample, 3DPrint Machine, 3DPrint NEWS , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

もう迷わない3Dプリンタの選び方!![10万円以下4機種徹底比較]

はじめましてこんにちは。たぬきのアイコンが目印のひとしんしです。   …

ひとしんし   |   28528 Views
ユニークなデザインのペン置きをプリント【3Dプリンター CUBIS体験記】 サポート材を取り除く整形作業の際に大切な事とは?!

プリンタス3Dストア 新人の高橋です。 オシャレで変わったデザインのペン置きがあ …

CUBISの中の人   |   3401 Views
【これはなんでしょう?!】大分県の田舎から3Dプリンターのものづくりを発信していきます!

はじめまして! 大分県の竹田市で3Dプリンターを用いて制作活動をしているWIRE …

Nishimura   |   6242 Views
CGソフトでモデリングしたデータ、3Dプリンタで上手く出力できてます?修正に苦労してませんか??【前半】

こんにちは、起きている時間はほぼ3DプリンターにかかわっているMohriです。 …

毛利 宣裕   |   5921 Views
変形して、パワードスーツになりそうな?3Dプリンター製ドローン移動用ケースを作ってみた。

どうも、masaです。 前回に続き今度は「AR.drone1.0」(2.0も大丈 …

masa   |   3867 Views
プロも驚く綺麗さw挑戦3Dデータ求む!!日本で唯一自由に使用できる?!光造形3Dプリンター《ムトー・エンジニアリング ML-48》

先日のタマゴデータをプリントしてみた後は次は何をプリントしようかと考えていたとこ …

Nakamura(店長)   |   4814 Views
【da vinci1.0】新ジャンル!!3Dプリンターで作った盆栽フィギュアとは?!【CAD盆栽】

123Ddesignで1/144重巡「愛宕」の3DCADデータを作ったり、3Dプ …

ヨシダ   |   3543 Views
Yoyo-Makerが語る3Dプリンターというマシン!!

どうもYoyo-Makerです。 私、Yoyo-Makerは「3Dプリンターでヨ …

east From YOYO-Maker   |   6637 Views
【Smart Laser Mini】税抜き49800円のレーザーカッターは何処まで切れるか?!

ごぶさたしてしまいました。 Yas_Yamです。息子にせがまれたプラレールをやす …

yas_yam   |   37541 Views
【あなたも3DプリンターでDIY達人になれる!】壊れた部品を3Dプリントで直す秘儀!!

こんにちは。 CADと3DプリンターによるDIYの専門の竹下です。 突然ですが! …

TAKE-CHANG   |   5733 Views