Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

SFCが考えた『3Dふりかけ・プリンター』とは!?

      2015/04/24

はじめまして、あさよこと淺野義弘です。残念ながら男です。

このまえ初めて3Dプリンター屋に遊びに行ったら何故かレタスを食べることになり、そのまま流れで記事を書くことになりました。

食べ物の力って恐ろしいですね。

そんな僕が紹介するのも食べ物に関係するマシンです。その名も「ふりかけプロッタ:LunchBot」!

LunchBot-4-1024x682

LunchBotとは、その名の通りごはんにふりかけをかけてくれるマシンです。コトの発端は、大学の先生が晩ご飯を食べながら発した一言。

olympic

「東京オリンピックで、選手の弁当に国旗柄のふりかけがかかってたら面白いよね」

(お、面白い…のか!? そもそも皆お米食べるのかな?ていうか選手って弁当持ち込み式だっけ?)みたいな疑問が湧きつつも、当時手持ち無沙汰だった私は快くふりかけマシンの制作を受け入れてしまったのです。

Try1. ふりかけシートを作ろう!

まずはお試し。レーザーカッターを使ってふりかけシートを作ってみる。色のつく部分にだけ細かい穴を開け、そこにのりたまなり何なりを刷り込む作戦だ。

比較

結果。ご覧の通り、黒ゴマを並べるのが大変でした。冗談はさておき、いきなり細かすぎる柄を目指してしまい撃沈。さらにふりかけシートがご飯にくっつくわくっつくわ!シートは作るのに手間がかかる割に使い捨てという非エコな感じだったので、さっさと見切りをつけて次に進みましょう。

Try2. ふりかけマシンを自作しよう!

シートの反省を活かし、ふりかけを高い位置から落とすような仕組みを考えてみます。人がふりかけを振るときの衝撃をいかに再現するかしばし模索。答えはシンプルなカムの形に落ち着きました。

cam余談ですが、Rhinoceros(Mac版)のPen Modeは見栄えがして良いですよね

あとはアクリル板や電子工作グッズを駆使して本体を組み上げていくのみ。しかしこれがなかなか難しい…!合計3つのモーターを制御するだけのはずが、パーツ選定や電力調達が甘すぎたせいで結果として動くことはありませんでした。無念!ですが、ものをつくるときに失敗するのは当然なのです。なんたって初めてなのですから。

asano-1.jpg のコピー動かずじまいのプロトタイプ。それでも良いのだ。


Try3. 3Dプリンタを改造しよう!

お待たせしました、ようやく3Dプリンタの登場です。1から機械を作ることの難しさを実感した僕は、研究室の3Dプリンタを改造することを思いつきます。

・平面上を自由に動くことができる(=XY軸モーター)
・カムを動かすことができる(=エクストルーダー/素材を送り出す部分)
・弁当の高さに合わせて調整できる(=Ζ軸モーター)

という、ふりかけマシンになるために必要な3つの要素を、熱溶解積層方式の3Dプリンタは完全に持ち合わせていたのです。いわばリザードンに対するヒトカゲ。あるいはグレイモンに対するアグモンです。

スクリーンショット 2015-04-07 4.33.50エクストルーダーを分解してパーツを付け替え!
頑張れば元に戻すこともできます。

今回はSolidoodleの初期モデルをもとに改造しました。エクストルーダー部分がアクリルの積層でできているので、分解にとても向いている機種と言えるでしょう(?)。3Dプリンタを制御する言語であるG-Codeで直接操作できるのも良いですね。

スクリーンショット 2015-04-07 4.48.44専用のパーツをモデリングするのも「俺だけ感」があって楽しい

スクリーンショット 2015-04-07 4.54.31「出力後にお湯でPLAを曲げる」という革命的手法との出会い


Result. ここまで表現できました!

というわけで、幾度も試作を繰り返してできた現行バージョンがこちら!

完璧かと言われれば全然そんなことはないのですが(単色だし結構詰まるし..)、初めて自分でマシンを作ったという満足感は他には代え難いものでした。それができたのは、やっぱり3Dプリンタなどの機械が味方してくれたからだと思います。

手を動かした結果が見えるのは本当に楽しいです。作り始めるきっかけなんて、ちょっとした好奇心でも冗談でも何でも良いのだと思います。だって、ふりかけがまかり通る世の中ですよ?

芽 のコピー

これを機に、何かものを作ってみたいと思う人がいれば幸いです。

それでは、またお会いしましょう!

 - 3D Print Technology , , , ,

  関連記事

【3Dプリンターのノズルが詰まった時の良い直し方】ダヴィンチ編

お店のXYZPrinting社のダヴィンチ1.0はフィラメント詰りを起こして約半 …

TAKE-CHANG   |   12750 Views
【駅ファブ通信】の中の人が深圳ツアーで知った注目の3つの会社と3Dプリンターのこれからとは?!

今日も暑いですね、駅ファブの齊藤です。深圳は、もっと蒸し暑かったです。 前回、M …

駅ファブ@Saito   |   2897 Views
ムトーエンジニアリング・3Dプリンター担当Nより《重要な》お知らせがあります!!

こんにちは! ムトーエンジニアリングの3D担当Nです^^ 今回はお知らせ2連発っ …

ムトーエンジニアリング_N   |   2644 Views
【奥様の居ない間に!?あなたのご家庭で楽しめる金属鋳造!!5つのステップ!!】

自称造形作家の小野寺です。今回は、前回製作した鋳型を使って金属材料の鋳込みをやっ …

小野寺@Topololabo   |   29336 Views
【3Dプリンター屋から秘密のテクニックを伝授】3Dプリント中にモノを中に閉じ込める方法。UPPlus2編

今回は、パーソナルの3Dプリンターの特有を活かした活用法を伝授いたします。 とい …

Nakamura(店長)   |   5424 Views
CAD鉄がNゲージのメーカー・愛好家が集うイベント《JNMA》鉄道模型の祭典に3Dプリンターと共に出展してわかったこととは?!

こんにちは、JNMAで完全燃焼してきたCAD鉄でございます。 まずは、 JNMA …

CAD鉄   |   7305 Views
好評だったが失敗もあった「3D プリンタでランプシェードをつくる」ワークショップとは?!

東京メイカー主催の 「第 31 回 3Dプリンタ勉強会」の講師としてまねかれて, …

金田   |   2906 Views
今注目のスイス人デザインナー2人組デールザック&スーキーって知ってる?!透明樹脂の3Dプリンタ製シャドーアートとは?!

今週ご紹介する注目3Dプリントデザインは「5枚のカラフルな色つきパネル」。スイス …

Yui@i.materialise   |   3138 Views
【JAIST金沢社会人セミナー】KANAZAWA-MAKERの気になる第2回目のゲストは?!

今年度から始まったJAIST社会人セミナー永井研究室が担当する「社会人向けデザイ …

Nakamura(店長)   |   2317 Views
【鉄道模型を3Dプリントする時の疑問】向きはどうすればいいの?!

皆さんこんにちは。 新たな大学生ブロガーのサイバートヨッチと申します。自己紹介は …

サイバートヨッチ   |   4658 Views