Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

Grasshopperの教本発売!!Parametric Design with Grasshopperとは?!

   

ParametricDesign 何度かこのブログでもふれているGrasshopperというものについて、「Parametric Design with Grasshopper」という、すごくわかりやすい教本が発売されました!


Grasshopperとは、Rhinocerosの上でパラメトリックデザインを行えるツールであるとか、 グラフィカルにアルゴリズムを編集する(グラフィカル・アルゴリズム・エディター)ものであるとか、説明されますが、 電池のようなものを線でつなぐ画面を見ても、なんだこれは!?いったい何をしているんだ!?という感じです。

ss-2016-12-11-9-26-54

Rhinoceros Grasshopper Google画像検索→(https://goo.gl/M4ROYU

電池を線でつなぐような見た目で、Autodesk Fusion360などの3D CADや、アドビのようなソフトとは、まったく別物のように思え、とっつきにくいです。   また、パラメトリックデザインと検索してみても、もにょもにょ形状が多く出てきて、普通では使わない変なものという印象が強いです。

170214_Parametric

parametric design Google画像検索→(https://goo.gl/KKAzrM

簡単に言うとザハ・ハディドのようなものが良く出てきますが、もにょもにょを作るだけなのでしょうか。 この本では、Grasshopperとはなんなのか、それによって可能になるパラメトリックデザインとはどのようなものなのかという説明から、Grasshopperの基本的な使い方、良く使うアルゴリズムを紹介するレシピが載っています。


まだ、読み進めている途中ですが、自分がずっと食わず嫌いしていたメッシュの概念の説明を読んだので実験をしています。 Grasshopper上で、メッシュというものは、3つ(基本的には3つだが、4つでも可)の頂点の三次元座標と、1つの面の情報というもので構成されています。 そこで、メッシュを崩し、その情報を使い、もう一度、別のメッシュを構築することで、メッシュの三角の面を1つずつ加工したような3Dデータを作りました。 左側が、元のUtah teapot(ユタ・ティーポット)のメッシュ、右側がメッシュの三角形の中で形状を弄ったものです。 170214_Right 170214_Top 実際にXYZPrinting社の最安値MiniMaker 39800円で出力

good #grasshopper #rhinoceros #pot #3dmodelling by ‪@ysok_na ‬!! #3dprinter by @xyzprinting.jp @xyzprinting #minimaker #davinci #3Dプリンター #additivemanufacturing #digitalfabrication #unindustrial #3dpainting

TOKYO – MAKER|東京メイカー|3Dプリンター屋さん(@tokyomaker)がシェアした投稿 –

IMG_0034 こちらは、スタンフォードバニーを加工して、レンダリングしたものです。

この辺の、加工は何に使うのか、まだわかりませんが、メッシュ操作での特殊な形状です。


Grasshopperでは、メッシュの情報を自分で弄る以外にも、WeaverBirdのようなアドオンによって、メッシュの操作が可能です。これから勉強していきます。 Parametric Design with Grasshopperでは、概念の説明や基本操作に加えて、アドオンの説明もあるので、読み進めていきたいです。とてもわかりやすいのでオススメです!!   吉岡

 - 3D CAD Technology , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

韓国最大手の3Dプリンターメーカーからスピンアウトした技術者達が創る!!話題のMOMENT_Sと緊急告知とは?!

  はじめましてMOMENTのMです。 ちなみに、MはMOOMENTで …

MOMENTのMです!   |   3319 Views
【ついに… 3Dプリント!!編】CAD鉄、3Dプリンターでプラレール作るってよ。Part. 3

こんにちは、最近はプラレールの世界に出戻りつつあるCAD鉄です。 今回はついに3 …

CAD鉄   |   10557 Views
自宅にいながら大英博物館《The British Museum》やスミソニアン博物館《The Smithsonian Museum》の超有名なアノ像を自宅で3Dプリントできる方法とは?!

あの有名な大英博物館で展示されている彫刻が、 実は3Dデータも公開されているのっ …

Nakamura(店長)   |   2092 Views
Autodesk_Fusion360で五重塔をモデリングとレンダリングするコツとは?!

重巡愛宕を作ったりしたCAD艦の人「ヨシダ」です。   今回船とは全く …

ヨシダ   |   3550 Views
今注目のFusion360で“3D曲線”の描き方とは?!

スプラインを描いて、Moveコマンドで制御点を動かす それだけです 既に知ってる …

いそぷろ   |   6203 Views
【詳しい方いたら教えてください!!】無料3DCADのAutodesk_Fusion360でUnity用のデータ作成方法とは?!

Fusion360でモデリングしたものを、Unityで使おうと実験しました。 ま …

YOSHIOKA   |   5715 Views
Autodesk 123Ddesignは誰でもどこでも3Dプリンターを身近に体験できる3Dソフト

私の記憶が正しければw今まで123Ddesign教えた方の中で1番の高齢の方だと …

Nakamura(店長)   |   2080 Views
コレは何かに使えるのでは??3Dプリンターのスライサーslic3rの『可変積層ピッチ』を試してみた!

どうも、masaです。 前回 試しでスライサーソフトの Slic3rの可変積層ピ …

masa   |   3339 Views
Autodesk Fusion360でオリジナル天球画像をレンダリング背景に使う方法とは?!

Fusion360のギャラリー(https://gallery.autodesk …

YOSHIOKA   |   4241 Views
【いそっぷ3DCAD塾】Fusion360でPlaneコマンドでできる豆知識とは?!

解説記事には豆知識的なものをひとつぐらいは載せていこうかな..ということで!! …

いそぷろ   |   2089 Views