Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

クリスマスプレゼントに3Dプリンター《Printus Cubis 1.5》を頂いた話!!

   

昨年末、友人が3Dプリンタのプレゼントキャンペーンをシェアしていて、なんとなく使ってみたかったので応募してみたら当選。 普段はウェブやモバイルのアプリケーションを開発しているので、3Dモデリングや3Dプリント技術はさっぱりの門外漢。電子工作やDIYに使えたら便利だろうなー…と思っていたのでちょうどよかった。 年末年始のドタバタをすぎて時間が出来たので、中野のあッ3Dプリンター屋だッ!!まで取りに行ってきました。 Printus Cubis 1.5 いただいた3Dプリンタは Printus Cubis1.5 という製品で小売価格税込み5.98万円。   存在感あふれる筐体はワンルームに置くのは憚られるサイズ(上に乗っているのは15インチのMacBook Pro…察してください)。 造形方式は溶かした樹脂を積み重ねて造形するタイプのもの(FDMと呼ばれてますね)で、SDカードに保存したSTLファイルまたはUSB接続したパソコンのソフトから出力することができる。積層ピッチは最小0.15mm, フィラメントはABS, PLAが使えるそうな。 セットアップ 早速、Cubisの説明書を読みながら試験データの出力してみる。 マニュアル、手順に従って進めていくと、ソフトウェアの使い方や本体の機能も学べるようになっておりとても良い出来。マニュアルに記載されているソフトのバージョンが古く、表示が微妙に異なるのはご愛嬌ですね。 説明書の内容をかいつまんでまとめると、次のようになっています。 1,プリンタの設定 2,材料別の出力設定 3,ベッドのキャリブレーション プリンタの設定 (Repetier-Host) Repetier-Hostというオープンソースの出力ソフトウェア?を使用します。3Dプリンタの接続方法やベッドのサイズを設定しました。 ザクっとまとめると、 ・接続方式: USBケーブルでシリアル接続 ・ボーレート: 115,200bps ・ストップビット: 1 ・パリティ: なし ・ベッドサイズ: 幅185mm x 奥行140mm x 高さ125mm というかんじ。 材料別の出力設定 (Slic3r) CubisはPLA, ABSを取り扱えるわけですが、それぞれの材料に個性があって、造形に最適な温度や吐出量が異なるそうです。ABSではエクストルーダー(材料の吐出口)の温度は摂氏230度、ベッドの温度は摂氏110度が良いそうで、これを設定しなければなりません。 3Dモデルを3Dプリンタで出力するには1層毎のデータに分解する必要があり、変換するソフトウェアを スライサー と呼んでいます。 説明書ではフリーソフトウェアの Slic3r を紹介されていますが、これ以外にも Skeinforgeというソフトが使えるそうです。 ベッドの調整 Cubisの造形ベッドは調整式で、エクストルーダーとベッドの間隔を丁寧に調整する必要があります。具体的な数字で言うと0.2mm程度に調整する必要があり、説明書には名刺1枚分の厚さと同じくらいですとまとめられています。 このすき間調整は、ちょうど4サイクルエンジンのタペット調整のようなもので、慣れていれば10分ほどで完了するでしょう。 ここまでのステップでようやく造形出力できるようになります。 出力! というわけで、サンプルのロゴデータを読み込んで出力してみました。ベッドの上に粘り気のある棒状の材料が出力されて、忙しくヘッドが動いて少しずつ形作られていきます。

#printus #cubis でサンプルデータ出力中。ヘッドが頑張って仕事しててかわいい。

Mitsukuni Satoさん(@key3)が投稿した動画 –

出力したCubisのロゴがこちら。 62217d02db79fb87f92420ba4d98b962 裏側の平面部に少しすき間が見えるのは、パラメタをチューニングすると埋まるらしい(DMM.make AKIBAのW先生ありがとう)。具体的に言うと、吐出量が不足しているか、平面を埋めるときの水平方向の移動ピッチが大きすぎるから、間が空いてしまうとのことでした。 気を付けたいこと ざっと使ってみて、気を付けたいとことをまとめます。 材料には賞味期限があるのでご利用はおはやめに 材料の保管は冷暗所が良さそう(紫外線が材料に良いわけないので) 造形中は臭いが出ることがあるので換気に注意 造形時間は数十分ほどかかるので、その間はプリンタから離れられなくなります 今後試したいこと とりあえずサンプルのモデルを出力したわけですが、自分で3Dモデルを作成して実用的なものを造形したいです。というわけで最近はFusion360の勉強をしています。 より複雑な形状になると、造形を意識した設計とか、サポート材の取り付け方などを学ぶ必要もありそうですね。大変ですが楽しみです。 TOKYO MAKERSの中村さん、どうもありがとうございました!

 - 3D Print Sample, 3DPrint Machine

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【チロルチョコを封入せよ!!】3Dプリンターで物をパッケージする方法。Replicator2X編

初投稿します。3Dプリンター屋の客Hです。 去年の11月にネットで見つけて訪問し …

3Dプリンター屋の客H   |   4473 Views
夏に向けて3DプリンターでMy風鈴はいかがですか?!UP!Plus2で3Dプリントとその加工のコツ公開!編

こんにちはテトラガールです。 今回は先日紹介したオリジナル風鈴をUPを使ってプリ …

テトラガール   |   2735 Views
【3Dプリンタはかゆい所に手が届くよね?!】トイレットペーパー入れを作ってみたよ!!

どうも、masaです。 トイレの中でトイレットペーパーを置く所をちゃんと作ろうと …

masa   |   2512 Views
【CAD艦通信】Fusion360でモデリングした陸上自衛隊の偵察ヘリコプターOH-1を3Dプリンターのda vinci1.0Aでプリントしたのです!【1/48】

移動式小型クレーンの技能講習を終えたので、1/10の駆逐艦を作ることも可能になっ …

ヨシダ   |   4351 Views
【個性とは欠けっぷり?!】誰でも簡単!!3Dプリンターでエッグプランターを作ってみた。

こんにちは、いろいろ欠けてる米屋辰五郎です。 欠けてる部分を補うのは、とてもたい …

米屋辰五郎   |   2434 Views
【Smart Laser Mini】税抜き49800円のレーザーカッターは何処まで切れるか?!

ごぶさたしてしまいました。 Yas_Yamです。息子にせがまれたプラレールをやす …

yas_yam   |   33695 Views
3Dプリント中に造形物が焦げないようにするテクニックとは?!【3Dプリンター CUBIS体験記】

プリンタス3Dストア 新人の高橋です。 天使の羽が生えた猫?!をプリントしました …

CUBISの中の人   |   2907 Views
自宅にいながら大英博物館《The British Museum》やスミソニアン博物館《The Smithsonian Museum》の超有名なアノ像を自宅で3Dプリントできる方法とは?!

あの有名な大英博物館で展示されている彫刻が、 実は3Dデータも公開されているのっ …

Nakamura(店長)   |   1915 Views
【森と3Dプリントをテーマにした特別ビデオが超カッコイイ!!】3Dプリント用ウッド素材、提供開始!その気になる造形の仕上がりは??

先日お知らせしたとおり、i.materialiseでは今日からウッド素材でも3D …

Yui@i.materialise   |   1745 Views
3D-CADと3Dプリンターを使ったジュエリーリフォームって最強!!そのヒミツとは?!

すべてのジュエリーをデジタルに変える男!!デジタルジュエリーの佐藤善久です。 & …

デジタルジュエリー@佐藤   |   2269 Views