Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

どれか1つでも当てはまればきっとMarkTwoが役に立つ!!製造業向けデスクトップ3Dプリンターとは?!

   

どれか1つでも当てはまれば、きっとMark Twoが役に立ちます。

  1. 外注先や業者からの返答を待たなければならないためにロスする時間が惜しい。
  2. アルミパーツの製造工程で時間とコストが掛かり悩んでいる。
  3. さまざまな要素で縛りが多く、残念ながら新しい案件やアイデアを断念しなければならないことがしばしばある。
  4. コーワーキングスペース、ファクトリーで他社が持っておらず人気が出そうな設備を手に入れたい。

うなずいた方、Mark Twoならあなたの悩みを解決できるかもしれません。

Markforge-example-1

3Dプリント市場、唯一の機能性

CADからダイレクトに実用レベルのパーツが製造できます。
カスタマイズ性の高い部品が、最小ロット1つから、時間とコストに縛られることなく自由に提案・実現できます。

工業用アルミニウムよりも硬い造形物の正体

Mark Twoでは完全なカーボンファイバー、ファイバーグラス、ケブラー(*プロフェッショナルセット以降のみ出力可能)、HSHTファイバーグラスまでもが出力できます(*エンタープライズセットのみ出力可能)。

2つの出力ノズルを備え、片方からはナイロンを、もう片方からは選択した特殊素材をデータに忠実にアウトプットしていきます。
工業用6061 T6アルミニウムよりも強度のある造形を可能にする設計と実際の使用例についてご説明します。

実装でも使用できる

markforge-example-3

航空業界、オートモービル業界の方へ特にオススメしたい素材がHSHTファイバーグラス。

HSHTファイバーグラスは105℃以上の温度で耐えられ、かつアルミ以上の強度が必要なパーツの製作用に開発された特殊素材です(熱たわみ点は140℃)。

こんな高機能な素材を使って自由なデザインで、しかも1個からでもパーツが作製できるなら、新しいアイデアを次々と実装テストで検証することができますね!

*HSHTファイバーグラスはエンタープライズセットでのみ出力が可能な素材です。
*HSHT=High Strength, High Temperatureの略です(高強度、高温度)

なぜカーボンファイバーで造形可能なのか

炭素繊維はひとつづきで初めてその強度を発揮します。
通常、FDM式3Dプリンター用の「カーボンファイバー入フィラメント」は、単にカーボンファイバーを粉にしプラスチックに練り込んであるだけで、本来のカーボンファイバーの持つ強度を出しきれません。

純粋にカーボンファイバーのみでは硬過ぎて普通の出力ノズルでは扱うことができないからです。
Mark Twoはそこで、片方のノズルに特殊なカッターを組み込み工業グレードのひとつづきのカーボンファイバーをプリントできるような設計にしました。

F1レースカーやスペースシャトルで使用されているのと同じ、完全な炭素繊維が出力できるのがMark Twoの魅力です。

RFIDなどの既製パーツの埋め込み

Mark Twoのすごいところはプリントできる特殊素材だけではありません。

付属のソフトウェアを使えばモデルの中にあらゆるコンポーネントを埋め込むこともできます。
指定したレイヤーになると自動でプリントが停止。プリントボードごと取り出して、手でコンポーネントを挿入。
プリントボードを戻して再開ボタンを押せばプリントが再開されます。

新しい設備とワークフロー、導入時に上手くいくか心配。

「イマイチ使い方が分からず出力に失敗し続ける」
「初期不良がある時には誰に話したらいいのだろう・・・」

Mark Twoの消耗品は決して安価ではありません。使用方法を理解していないと、造型に失敗し多くの素材を無駄にしたり、間違った操作でマシンを壊してしまったり、時間もお金も無駄になるためスタッフさんのストレスにも繋がります。

素晴らしい性能の設備を120%使いこなしていただくため、Mark Twoの導入時には必ずDDDJapanの技術スタッフが現地へお伺いし、マシンの設置と使用方法の説明・研修をいたします。

専用のソフトウェアEigerにはMark Two特有の機能が備わっています。
特殊素材のレイアウト、コンポーネントを埋め込むときの操作、モデルの配置の仕方、スライシング操作を含め
フィラメントの挿入方法、ディスプレイモニターでの操作、造形後の処理方法、簡単なトラブルシューティング方法といったマシン本体の取り扱い方法も丁寧にご説明いたします。

自信を持ってお使いいただけるまでとことんお付き合いいたしますので、円滑でストレスフリーな導入を実現します。

日本国内での一年保証

一年間の本体保証を別途で購入することができます。
少しでも気になる点があればDDDJapanのスタッフが日本国内にて修理、メンテナンスをいたします。

日本語での対応なので気軽に、そして故障時に海外へ返送する必要がないので早く安くマシンを整備することができます。

保証期間内でのメンテナンス・修理費はパーツ代も込みて全て当社にてお任せいただけます。
*マシンを当社へお送りいただく運賃のみご負担いただきます。

markforge-example-5

Markforged Mark Two

金属を3Dプリントするよりも高い強度が実現可能!

今までのコストと時間の10分の1で
カスタマイズ性の強い特殊パーツ製造と
より実装に近い部品の試作・提案が可能になります。

Markforged Mark Two

より詳しい情報やお問い合せは以下からお願い致します。

http://dddjapan.com/shop/markforged-mark-two/

 - 3DPrint Machine , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

XYZプリンティングの新しい一歩!!《XYZmaker》とは?!

入門用3Dモデリングソフトウェア 「‪#‎XYZmaker‬」の ‪#‎Beta …

XYZprinting@JAPANのA   |   1271 Views
3Dプリンターの調子悪い時(エラー時)に対処すべき基本のこと4つとは?!

若干 MOMENTの表示がバグってる感w #3dprinting pic.twi …

Nakamura(店長)   |   1164 Views
【CAD艦通信】Fusion360でモデリングした陸上自衛隊の偵察ヘリコプターOH-1を3Dプリンターのda vinci1.0Aでプリントしたのです!【1/48】

移動式小型クレーンの技能講習を終えたので、1/10の駆逐艦を作ることも可能になっ …

ヨシダ   |   2402 Views
あッ3Dプリンター屋だッ!!の1日店長!!

昨日は 第23回 123D無料勉強会 -初心者コース- Supported by …

毛利 宣裕   |   1349 Views
アーク溶接3DプリンターのMA-5000 S1・FDM式3DプリンターのMFシリーズ・フィギュア大好評!!大阪DMSとは?!

こんにちは、3Dプリンタ担当のOです。 先週行われた大阪DMS展ですが、お陰様で …

ムトーエンジニアリング_N   |   1336 Views
えッ 3Dプリンターの中を360度で覗くッ!

どうもはじめまして、桜庭です。 3Dプリンターでプリントされる気持ちってどうなん …

sakuraba   |   1847 Views
ついに!注目の光造形機 Form1+が届いた!さっそく開封して気が付いたこととは?!

こんにちは。 WIRESの西村です。 ついに届きました!光造形の3DプリンタFO …

Nishimura   |   4542 Views
3Dプリンターこそ現在の「大人のミニ四駆」だ!?今注目のYoyo-Makerの愛機はこれだ!!

どうもYoyo-Makerのeastです。 3Dプリンターで3Dプリンターを作り …

east From YOYO-Maker   |   1812 Views
【緊急告知!】西日本最大の展示会DMS in 大阪に新商品MF-2200Dや金属3Dプリンター等などのMUTOHが出展!!

みなさんこんにちは、3Dプリンタ担当のOです。 さてさて今回は、展示会の告知をし …

ムトーエンジニアリング_N   |   1258 Views
これだけは知っておいて損はない!3Dプリント用データ作成時に防ぎたい5つのミスとは?!

「3Dプリントなら何でも簡単に作れる」という世間一般のイメージとは裏腹に、3Dプ …

Yui@i.materialise   |   2953 Views