Un-industrial (非産業化)

TOKYO IDEA EXCHANGEのBlogサイト Produced by TOKYO-MAKER

建築プレゼンに使える?GoogleEarthに3Dモデルを取り込むレンダリング方法とは?!

   

特定の場所をイメージして、理想の建築物をモデリングしてみたけど、

周囲の建物と合うのか試してみたい、ということありますよね??

立体的に見て考えてみたいけれど、敷地の模型を作るのは面倒くさい。。。

手先の不器用な僕の様に、そう思う人もいるかもしれないので調べたことをまとめます。

IMG_5931

巨大な敷地模型

最初に考えたのは、「SketchUp」です。

SketchUpに、GoogleMapから地名のモデルを読み込む方法があるということを聞いた記憶がありました。

調べてみると、確かに地図から地形を読み込むことが出来ました。

しかし!!

東京都区内で試してみたところ、完全に平坦です!!!

敷地の周りの少しの傾きや、周囲の建物など、全く拾えないので使い物になりませんでした。。。

 

そこから調べていくと、「GoogleEarth」のPC向けアプリに、.daeファイルを読む機能がありました。

この方法を試してみたところ、周辺環境がすでに3Dモデルになっているので、

モデリングした3Dモデルをインポートしてあげることで、3Dで周囲との関係を確認できます!!!!

GoogleEarthに3Dモデルをインポートする方法

 

1.モデリング

ソフトはなんでも良いです。

SketchUpでモデリングをするか、SketchUpにインポートできる様な形式で保存しましょう。(.skp .dae etc…)

2.SketchUpでの設定

ここでは、敷地に設定と、モデルのインポートの2つの操作があります。

まず新規プロジェクトで適当なスケールのテンプレートを選び開きます。

このときにモデリングと同じスケールにすることに気をつけます。

(1)敷地の設定

ファイル > ジオロケーション > 場所を追加

16021806

大きな縮尺の世界地図が出るので、拡大しながら使いたい敷地を選びましょう。

今回は、中野サンプラザ前の公園の様な場所にしたいので、その周りも含めて範囲を決めます。

16021807

最後にグラブを選択します。これで多分、航空写真がの様な面がSketchUpに表示されると思います。

(2)3Dモデルのインポート

ファイル > インポート

16021808

ここで、モデリングしたファイルを開きます。

敷地の上で位置を調整しましょう」

今回は、ロシア・アヴァンギャルドの様な(?)、斜めの材からなるタワーを使います。

ここで、右側のマテリアルをモデルを指定しておくと、GoogleEarth上で見るときにも反映されます。

16021803

(スケールが上手くいていなかったので、このあと修正しました。)

3.SketchUpからエクスポート

敷地の設定と、モデルのインポートができたら、GoogeEarthに送るためにエクスポートします。

ファイル > エクスポート

16021808

ここでは、ファイル形式に注意します。.daeを選びましょう。

GoogleEarthに取り込めるファイルは、.daeファイルのみです!

4.GoogleEarthにモデルを読み込む

追加 > モデル

16021811

(ここでもモデルの位置とスケールの調整が出来ます)


これでGoogleEarth上に、自分のモデリングしたもの、周辺の建築物とともに表示されていると思います。

見えない場合は、画面左側のレイヤーの部分で、下の2カ所のチェックを確認しましょう。

お気に入り > (読み込んだモデルの名前)/ プライマリデータベース > 建物の3Dビュー

 

上手くできると、こんな感じです。

中のサンプラザの前に、タワーができました。

16021805

16021804

(GoogleEarthに読み込むときに、モデルを拡大しすぎました。)

東京であると、GoogleEarthの方で、建物のテクスチャを貼って3D化されている部分が多いので、

さくっとモデリングしたものと、周囲の建物合わせてみたいというときに割と使えるかもしれません。

また、渋谷スクランブル交差点に戦っているトランスフォーマーたちをいれて

簡易的なCGスタジオの様に使ってみても面白いかもしれません。

 

 

thingiverseから、某キャラクターを落として、109前に置く実験してみたものもあるのですが、

長くなってしまったので、今回はこれで終わります。

 

吉岡

 - 3D CAD Technology , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【いそっぷ3DCAD塾】Fusion360のシェアのしやすさは抜群!!そのやり方とは?!

Fusion360には コピーリンク メール 埋め込み の3つが用意されています …

いそぷろ   |   2613 Views
【いそっぷ3D-CAD塾】Fusion360でT-splineのエッジこと"Tエッジ"でモデリングするコツとは?!

つくってみたものをレンダリング 下の動画を見ていたらチェスの駒をつくってみたくな …

いそぷろ   |   3926 Views
今注目のFusion360で“3D曲線”の描き方とは?!

スプラインを描いて、Moveコマンドで制御点を動かす それだけです 既に知ってる …

いそぷろ   |   9413 Views
【車の免許に置き換えてのお話】3D-CADでデジタル・ジュエリーを始める時に気をつける4つのこととは?!

すべてのジュエリーをデジタルに変える男!!デジタルジュエリーの佐藤善久です。 & …

デジタルジュエリー@佐藤   |   2176 Views
【明日開催】全国のCAD鉄集合!JNMA出展内容をチラ見せ!?

こんにちは。CAD鉄です。 ついに明日です!! 明日、7/5(日) 『第21回 …

CAD鉄   |   6014 Views
【8月1日の駅ファブ通信】サイエンスは1%のひらめきと99%のときめきである!!中学生が自分の好きな形のゼリーを作るイベントとは!?

「サイエンスは、1%のひらめきと99%のときめきである」どこかの誰かが言ったとか …

駅ファブ@Saito   |   6777 Views
【知ってた?!】Autodesk_123Designの3DデータをFusion360に移行する方法とは?!

どうやら最近、Fusion360がかなり盛り上がってきているらしい。 このブログ …

CAD鉄   |   9702 Views
【鉄と錆とPLA】3Dプリンターの造形物に鉄の質感を出そう!その2・鉄塊兎編

こんにちは、廃墟と化した米軍基地と鉄工所の近くで育った米屋辰五郎です。 鉄工所の …

米屋辰五郎   |   5409 Views
【いそっぷ3DCAD塾】スカルプの回転で気を付けること&コップをつくるコツとは?!

スカルプの回転コマンドでコップをつくります。 この時気を付けないといけないのが面 …

いそぷろ   |   2353 Views
【CAD鉄のススメ】路面電車の作成!!

ご無沙汰しておりました。 相変わらずCAD鉄しておりますが、BLOG更新が滞って …

yas_yam   |   5111 Views