ワンフットシーバス・田中のRaspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから123D Designに落としこむコツとは?!後編

   

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_23

Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから123D Designに落としこむまでのメモ 後編です。

123D DesignにSVGを読み込み寸法調整をして、そのデータからRaspberry Pi Zeroダミーモデルを制作しSTLで保存。「あッ 3Dプリンター屋だ!!」さんにお願いしてきて出来栄えまで確認した後編です。

今回のやりたいこと

前編から123D DesignにSVGを読み込み寸法調整をするところから後編を始めていきます。

  • Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりScanSnapで取り込む
  • 取り込んだデータをIllustratorで読み込みテンプレートとして補正する
  • Illustratorでパスで再度写しとりSVG化する
  • (後編はここから↓)
  • 123D DesignにSVGを読み込み寸法調整をする
  • そのデータからRaspberry Pi Zeroダミーモデルを制作しSTLで保存する

123D DesignにSVGを読み込み寸法調整をする

いよいよ123D DesignにSVGを読み込みます。私はImport>SVG as Solidで読み込みました。最初から押し出しデータで出来上がるので使いやすいんですよね。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_20

読み込んでみると寸法が合っているわけではなさそうです。実際に123Dの中で65mm x 30mmの矩形を置いてみると読み込んだデータとこのようなズレがあります。0.352のスケール差があるので補正をかけてやります。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_21

65mmぴったりではないですが、64.83mmは及第点でしょう。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_22

・・・もし3Dプリンタで出力した時に、このズレが響いたとしたら、さめざめと泣きましょう!

そのデータからRaspberry Pi Zeroダミーモデルを制作しSTLで保存する

micro USBやmini HDMIといった接続の出入り口についても、押し出しツールなどを駆使してざっくり配置します。

接続の出入り口については、基盤の1mmと端子の高さ3mm程度を合わせた4mmのおおまかな把握と、USB部分の1mm程度の外への出っ張りを把握したいものなので位置だけズラさぬよう目視で合わせます。

・・・もし3Dプリンタで出力した時に、このズレが響いたとしたら、さめざめと泣きましょう!!!

ということで無事にできあがりました。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_23

さっそく「あッ 3Dプリンター屋だ!!」さんにお願いしてきた

ここまで出来上がると早速STLで出力してみたくなります。

ケース位置合わせ用のさきほどのダミーパーツと。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_24

さらにケースも作ってみました。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_25

「あッ 3Dプリンター屋だ!!」さんにお願いして、素敵にお気遣いいただき、きれいな半透明プラスチックで出力いただきました。POWERのLEDもキレイに透けててかっこよかったです。

そしてダミーパーツは重ねて見たところほぼ印象通りでした。まあまあ合ってました!

後述する唯一の設計ミスさえ解決すれば、位置合わせとして十分実用に使えそうです。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_26

そのダミーパーツを基礎としたケースも4つの穴はヘタレに円柱に0.8縮小をかけたので少し細いですが、しっかりハマりました。

穴に多少のズレはあるので、次回調整します。このあたりは経験上、あまり写しとりの時に気をつけても、ペンの太さなどでどうしても精度が悪いので、一回出力してみて現実のズレを調整したほうが良いですね。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_27

唯一の設計ミス

さて、後述する唯一の設計ミスですが、以下の写真の、左下のとおりSDカードを差し込んだ際の1mmの出っ張りを考慮していないため、ケースに入りきらず引っかかってしまいました^^; あちゃー。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_28

無念。次回の設計時にはこちらも考慮して、USBの出入り口と同様に穴を開けておこうと思います。

おわりに

唯一の設計ミスが悔やまれるところですが、思いのほか一回で目標に近づけたので満足です。

一度、ある程度の精度でダミーパーツが出来上がると、ケースなどの作成時にベースに使えるので今後の制作に生かせそうです。また手に握れるレベルのRaspberry Pi Zeroですから材料量もそれほど使わずに、手元の近いデバイス感覚を3Dプリンタで作ることが出来そうで楽しみです。

それでは、よき3Dプリンター & Raspberry Pi Zero Lifeを!

 - 3D CAD Technology, 3D Print Technology , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

FB
ムトーエンジニアリング・3Dプリンター担当Nより《重要な》お知らせがあります!!

こんにちは! ムトーエンジニアリングの3D担当Nです^^ 今回はお知らせ2連発っ …

ムトーエンジニアリング_N   |   1268 Views
CUBIS_3Dprint
【3Dプリンター・CUBIS体験記】コスパ最強キュービスのフィラメントロードから3Dプリントするときのコツとは?!

今回はフィラメントのインストールの様子を写真でご紹介致します!スタッフの高橋です …

CUBISの中の人   |   1371 Views
IMG_3158
【鉄と錆とPLA】Touch3DStylusを使ってみた!!

こんにちは、米屋辰五郎です。 鉄製の日常品って身の回りであまり見なくなりました。 …

米屋辰五郎   |   1889 Views
461b1c12
【いそっぷ3DCAD塾】Rhinocerosでエッジ距離の異なる面取りの仕方とは?!

Rhinoには面取りコマンドがありますが それを使用すると、一種類の面取りしかで …

いそぷろ   |   819 Views
fusion360
【いそっぷ3DCAD塾】Autodesk Fusion360の座屈解析はどこまでできるか?!遊んでみた

日本語化されてうれしい反面、今まで書いた記事を直していかないとなぁ…。 解説サイ …

いそぷろ   |   1022 Views
XYZmaker
XYZプリンティングの新しい一歩!!《XYZmaker》とは?!

入門用3Dモデリングソフトウェア 「‪#‎XYZmaker‬」の ‪#‎Beta …

XYZprinting@JAPANのA   |   1024 Views
3Dプリンター(UP!PLUS2)でキャリブレーションって設定とは何だ…?

こんにちは!テトラガールこと富永柚香です。 今日は店長の指令でUP!Plus2の …

テトラガール   |   2729 Views
11b912a9-s
【いそっぷ3DCAD塾】Fusion360で5分間でできるスプーン・モデリングの秘訣とは?!

今回は簡単にスプーンをモデリングする方法をご紹介 スカルプをメインに使います。 …

いそぷろ   |   1150 Views
名称未設定 6.002
「切り接ぎ作業も3DCADならラクラク♪」CAD鉄、3Dプリンターでプラレール作るってよ。Part.2

こんにちは、”初心者プラレーラー”のCAD鉄です! 前回 …

CAD鉄   |   5381 Views
160808-05
時間のかかる作業のために、時間をかけてプログラムを作るならば、手でやったほうが早いのでは!?

時間のかかる作業のために、時間をかけてプログラムを作るならば、手でやったほうが早 …

YOSHIOKA   |   888 Views