Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

ワンフットシーバス・田中のRaspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから123D Designに落としこむコツとは?!

      2016/01/18

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_6

Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから123D Designに落としこむまでのメモです。

Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりScanSnapで取り込み、取り込んだデータをIllustratorで読み込みテンプレートとして補正してから、Illustratorでパスで再度写しとりSVG化するまでの前編です。

今回のやりたいこと

Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから123D Designに落としこみます。

  • Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりScanSnapで取り込む
  • 取り込んだデータをIllustratorで読み込みテンプレートとして補正する
  • Illustratorでパスで再度写しとりSVG化する
  • (前編はここまで↑)
  • 123D DesignにSVGを読み込み寸法調整をする
  • そのデータからRaspberry Pi Zeroダミーモデルを制作しSTLで保存する

実際にやってみる

さっそくやってみましょう。

Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりScanSnapで取り込む

まず、紙にフリクションボールペンを使って写しとっていきます。フリクションボールペンを使うのは、万が一間違った際に修正ができる意図です。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_1

マスキングテープを輪っかにして固定するようにします。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_2

ぺたり。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_3

ペンでなぞっていきます。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_4

このように、端子の出入り口は別途メモしていきます。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_5

固定する穴もトレースします。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_6

mini HDMIをトレースし忘れたので、トレースします。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_7

こちらをScanSnapで取り込みます。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_8

この方法を思いついたのはスキャンであれば、取り込んでも寸法がずれにくいという意図です。

当初は写真を上から撮影し、それをRaspberry Pi – Wikipediaから寸法(65 mm × 30 mm)をいただいてスケールを合わせる手法も考えましたが、スキャナのほうが、ズレが少ないと思われるので採用しました。

取り込んだデータをIllustratorで読み込みテンプレートとして補正する

取り込んだデータは私の場合PDFで取り込んでいます。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_9

こうするとIllustratorで開けばすぐデータが読めるので便利です。少々ナナメになっていたので回転で補正します。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_10

先ほど、写真も撮影していたのでスケールを合わせてみます。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_11

取り込んで、こちらも角度調整。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_12

透明度50%にして合わせたところ、まあまあ合っています!

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_13

念のため、Raspberry Pi – Wikipediaから寸法(65 mm × 30 mm)をいただいて、

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_14

長方形を作りあわせてみましょう。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_15

まあまあ合っています!

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_16

Illustratorでパスで再度写しとりSVG化する

Illustratorでパスで再度写しとりました。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_17

micro USBやmini HDMIといった接続の出入り口も、まわりに矩形で表現しておきます。

こうすることで、3Dとして読み込んだときのモデリングに使えるようにしておきます。

下地の写真やスキャンデータはそのままだとSVG化に取り込まれるので一時的に削除しつつ、別名で保存からSVGを選択してSVG化します。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_18

SVGデータをブラウザに投げ込むと無事が表示されちゃんと書きだされたようです。

raspberry-pi-zero-3dprinter-make-stl_19

後編へ

さて前編はここまで。後編は123D DesignにSVGを読み込み寸法調整をするところから始めていきます。3Dプリンタでの出力まで試そうと思っているので、どうなるでしょうか!

それでは、よき3Dプリンタ & Raspberry Pi Zero Lifeを!

 - 3D CAD Technology, 3D Print Sample, Un-Industrial , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Authorize Training Center 通称ATCプログラム《オートデスク認定トレーニングセンター》ってなに?!

さて、新学期の春!! 皆様お変わりなく、新期をお過ごしでしょうか? 中野の桜は先 …

Nakamura(店長)   |   1498 Views
【いそっぷ3DCAD塾】Rhinocerosでエッジ距離の異なる面取りの仕方とは?!

Rhinoには面取りコマンドがありますが それを使用すると、一種類の面取りしかで …

いそぷろ   |   1662 Views
【これはなんでしょう?!】大分県の田舎から3Dプリンターのものづくりを発信していきます!

はじめまして! 大分県の竹田市で3Dプリンターを用いて制作活動をしているWIRE …

Nishimura   |   4637 Views
【3Dプリンターならではの構造】ライノセラス・グラスホッパーでチェーン構造でバッグをつくるその2

こんばんは!大分の竹田市で3Dプリンターを使って制作活動をしているWIRESの西 …

Nishimura   |   7275 Views
【いそっぷ3DCAD塾】Rhinocerosを使って24分で机のモデリングするときのコツとは?!

久しぶりにRhinoでモデリングしている動画をUPしました。   制作 …

いそぷろ   |   1813 Views
MONOmagic花呼【ムトーエンジニアリング・MF-1100】で実用的なスイッチカバーを作ってみた!!そのコツ公開ヽ(•̀ω•́ )ゝキラーン✧

MONOmagic編集部 花呼ですヽ(゚、。)ノコケ   以前、私たち …

MONOmagic 木下   |   2905 Views
【いそっぷ3DCAD塾】地味に便利!?Autodesk_Fusion360でテクスチャの向きを変える方法とは?!

今回、作りかけの机をレンダリングしてみようと思い立ち、木材マテリアルを適用したの …

いそぷろ   |   2056 Views
「切り接ぎ作業も3DCADならラクラク♪」CAD鉄、3Dプリンターでプラレール作るってよ。Part.2

こんにちは、”初心者プラレーラー”のCAD鉄です! 前回 …

CAD鉄   |   8402 Views
【あの有名なポルシェ博士の戦車を作る】その1

誰でも知ってる自動車のブランドといえば、ポルシェではないでしょうか。ポルシェとの …

米屋辰五郎   |   5564 Views
ワンフットシーバス・田中のRaspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから123D Designに落としこむコツとは?!後編

Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから12 …

ワンフットシーバス   |   1901 Views