Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

3Dプリントが生んだ、ランナー専用の意外な便利アイテムとは?

      2015/11/04

「すみません!」と叫ぶ以外に、歩行者に自分の存在を知らせる方法があれば…。そんなアイデアを形にしたのが、ランナー専用のベル「ランベル」。ランナーが指輪型のオシャレなベルを「チリーン」と鳴らせば、同じ道を行く歩行者に自分の存在を知らせることができます。「ランナーにも歩行者にも、安全で気持ちの良い街を」との想いが詰まったこのアイデア商品の実現化には、実は3Dプリントが活用されていました。

手軽に始められるランニングは、今も昔も定番のスポーツ。日本のランニング人口は今や1000万人近くとも言われています。ただし大都市に住むランナーには意外な悩みも。それがランナーと同じ道を行くの歩行者の存在です。出会い頭にぶつかってしまったり、前を行く歩行者のためにランニングのペースが保てなかったりと、フラストレーションの原因になってしまうこともあるそう。

3d-printing-for-runners

そんな問題を解決すべく「ランベル」を開発したのは、東京在住のアメリカ人で自身も長年ランニングを続けるケビン・ナルドニー氏。普段は大手建築会社、日建設計の構造エンジニアとして、高層ビルなどの建築に携わっています。

ランベルを製品化した起業家、東京在住のケビン・ナルドニー氏。

ランベルを製品化した起業家、東京在住のケビン・ナルドニー氏。

構想を練る段階から数年かけて完成させる高層建築を仕事とする傍ら、小さなアイテムをデザインするのも大好きというケビン。ランベル商品化に伴って立ち上げた同名のベンチャー企業では、デザイン、プロトタイプ、製造、マーケティングを全てこなします。「デザインやものづくりが大好きだから、自由に創作活動ができるのが本当に嬉しいんだ」と語ってくれました。

3d-printing-for-sports

「起業したいって思いがずっとあったから、自分の会社を立ち上げるっていうチャレンジをすごく楽しんでいるよ。会社を一から立ち上げると全てが新しくて、学ぶことが本当にたくさんある。こんなに楽しいチャレンジは普通の仕事ではなかなかできないよね。仕事にはきりがないけど、自分のデザインした商品を実際手にとったり、お客さまがレビュー内で製品をベタ褒めしてくれたときには苦労が報われるよ。」

ストライカーを引っ張りベルを鳴らします。美しいベルの音と共に走り去れば歩行者も笑顔に!

ストライカーを引っ張りベルを鳴らします。美しいベルの音と共に走り去れば歩行者も笑顔に!

ケビンが最初に3Dプリントサービスを使ったのは、ランベルの機能を完全に再現したプロトタイプを制作した際。「僕ひとりで始めたこの会社では、3Dプリントがなければプロトタイプを作るなんて金銭的に絶対に無理だったよ。プロトタイプ制作のコスト(1つ100ドル)は最初は高く見えたけど、実はこれはかなりお買い得だと思う。もし普通の製造方法で同じプロトタイプを作ったら10倍はするからね。」

「小さい3Dプリンタを買って節約するのもありだったけど、結局i.materialiseを使うことにしてよかったと思っている。そうすればデザインに集中できるし、3Dプリントされたものが配達されるのを待つだけだからね。それにi.materialiseではスチールチタン真鍮素材なんかも選べて最高だよ。真鍮でプロトタイプを3Dプリントするときには、関税担当の人もどう課税したらいいかわからなくてよく困っているみたい。すごく綺麗な見た目だからね。」

真鍮でできたランベル。最終製品は日本の職人さんの手でひとつずつ作られています。

真鍮でできたランベル。最終製品は日本の職人さんの手でひとつずつ作られています。

ケビンの目標は、ランベルをランニングとサイクリング専用用品を扱うスポーツグッズ会社に成長させること。どの製品もデザイン性を重視し、エレガントなものを提供していきたいといいます。現在取り組んでいるのはオシャレ要素の高い自転車用ベルのデザイン。ランベルの開発を通じてベルの音質、ラピッドプロトタイピング、正確な製造方法をしっかり学んだ起業家精神あふれるケビンは、自転車好きのコミュニティにもきっと新たなアイテムを提供できるはずと意気込んでいます。

3d-printing-prototype-runbell

現在ランベルは東急ハンズの「イッピンマーケット」でも販売中。こうしたアイデア商品を素早く立体化、製品化できるのは、やはり3Dプリントの魅力のひとつ。アディダスがマテリアライズと制作したランニングシューズ軽量自転車フレームもスポーツ用品の開発に3Dプリントをうまく利用した例ですね。皆さんも良いアイデアを思いついたら3Dモデルをアップロードして、形になった製品を手にする喜びを味わってみては?その前に19種類の3Dプリント用素材の特徴を比べたり、3Dプリント用データ作成時に防ぎたい5つのミスについて知っておけば、準備は万全です!

 - 3D Print Sample , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

印刷の向きによって造形は変わるのか?!UPminiを使って本気で試した印刷の向きと驚きの結果とは?!

こんにちは。サイバートヨッチです。 最近は雨の日が多くて梅雨入りの季節だなとしみ …

サイバートヨッチ   |   2522 Views
初めての3Dプリンター!!テオ・ヤンセン機構による動く模型(#面白ければ3Dプリント無料)

はじめまして。Takと申します。 東京から埼玉県の大学に通っているしがない大学生 …

KITAURA   |   2536 Views
【CAD艦】123Ddesignで1/144モデルの艦首の作り方【重巡愛宕】

ゴールデンウィークは混むから引きこもってます、ヨシダです。家から近くに線路がある …

ヨシダ   |   4055 Views
MUTOHエンジニアリングのNさんが新しくブログ始めるってよ!!ムトーエンジニアリングってなんの会社なの?!

こんにちは、ムトーエンジニアリングの3Dプリンタ担当のNです! 初投稿なのでさっ …

ムトーエンジニアリング_N   |   1647 Views
【6月13日の駅ファブ】トミカ!トミカ!で3Dプリント・プラレール!!

暑くなってきましたね。 衣替えで半ズボンは見つけ出したんですが、半袖がまだ見つか …

駅ファブ@Saito   |   2023 Views
「僕の顔だけでえいき、スキャンして!←土佐弁」とミニ四駆!!その本当のワケとは?!

久しぶりの投稿となります。 【高知の3Dプリンター・ママ通信】 突然、旦那が「僕 …

高知の3DCADママ   |   2126 Views
”聖橋”から”箸立て”今ある3Dデータを使い倒す秘訣【リユース・リサイクル】

3DCADは、1度モデリングすれば、複製や拡大縮小などが簡単に出来てとても便利で …

米屋辰五郎   |   2643 Views
アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展のCEATEC JAPAN 2015で注目のブーストとは?!

すべてのジュエリーをデジタルに変える男!!デジタルジュエリーの佐藤善久です。 ア …

デジタルジュエリー@佐藤   |   1434 Views
【CAD艦だより】帝国陸軍の三式潜航輸送艇1/144スケール「まるゆ」を123Ddesignで作ってみた!!&夏場に起こる3Dプリント・トラブルとは?

ただ今、サト吉さん(自衛隊の宮城地本の広報?で活躍されていましたね。 今は横須賀 …

ヨシダ   |   2356 Views
【可変積層ピッチで3Dプリントしたものをアセトンベーパー処理するとどうなるか!!】

どうも、masaです。 前回、スライサーソフトのKISSlicerでgcodeを …

masa   |   2809 Views