Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

【i.materialiseの新3Dプリント用金属素材発表】コッパー(銅)の材料の魅力とは?!

      2015/11/19

i.materialiseの3Dプリントサービスの魅力は、何と言っても多様な素材を選べること。その中にはセラミックアルマイドブロンズなど、日本国内の3Dプリントサービスでは取り扱いが珍しいものも。その素材群に先日、コッパー(銅)が新たに加わりました。これでi.materialiseで注文できる3Dプリント用素材の種類は19に!

新3Dプリント用素材、コッパーの特徴とは?

熱と電気を通しやすく安価なコッパー(銅)は、電子工作などへの応用もできる便利な素材。銅線やケーブルに使われるのは、その性質ゆえ。また雑菌が付きにくいことから、ハンドルや硬貨としてもにも使用されています。

0 euro by Bert De Niel 3D printed in copper

Ring by Nils Faber 3D printed in copper

カラーと仕上げ加工

コッパーは元々赤みを帯びた色をしています。仕上げは磨きもコートもかけない「ナチュラル」と「磨き加工PUコーティング」の2種類。

磨き加工を選んだ場合、3Dプリント後は機械と手作業で磨きをかけます。またPUコートをかけることで傷などを防ぐことができます。PUコートは変色・錆がつくスピードも抑えられますが、コッパーは敏感な素材のため、長期的な酸化は防ぐことができません。PUコートには追加費用は発生せず、コートをかけてもかけなくても見た目に違いはほぼ出ません。ただし酸化が始まると緑色の錆がつくため、違いは明らかになります。

Bulbman by Bert De Niel 3D printed in Copper

Lady Balloon by Bert De Niel 3D printed in copper

コッパーで3Dプリントするものをデザインするときは

ゴールドシルバーブロンズ真鍮のどれかで3Dプリントをしたことがある方は、全く同じ3Dモデルを使ってコッパーでも3Dプリントすることができます。上記の金属素材とコッパーは同じ方法で製造されているため、最小肉厚(0.5 mm)や最大造形サイズ(88 x 63 x 125 mm)なども全て同じ。詳しいデザインのルールやコツはこちらに記載しています。

Trumpet by Bert De Niel 3D printed in copper

金属用3Dプリント技術、ロストワックス法

コッパーその他の金属素材の3Dプリントに使われるのは「ロストワックス」と呼ばれる技術。ワックスを使った3Dプリントと伝統的な鋳造方法を組み合わせたものです。ロストワックス法は、まずモデルの原型をワックス(蝋)のような樹脂で造形するところからスタート。原型の3Dプリントに使われるのは光造形法です。このときサポート材も自動生成され、原型と一緒に3Dプリントされます。

How to 3D print metal with lost wax technology

造形が完了したらサポート材を取り除き、鋳造工程に入ります。型のまわりを石膏でかため、オーブンで数時間熱します。外から熱を与えると、蝋に似た素材でできた原型は溶けて外へ流れ出します。石膏型の中にできた空洞に液状の金属を流し込んで冷却させ、固形化した金属モデルを石膏から取り出したら完成。最後に磨きなどお客様ご希望の仕上げを施します。

3Dモデルが出来上がっている人は、サイト上にアップロードすれば即時にお見積り額を確認できます。これからデザインを始めるという方には、デザインガイドをどうぞ。どの素材を選べばいいか迷っている方は、素材比較のページで自分のぴったりなものを見つけてくださいね。

 - 3D Print Technology , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【5月30日駅ファブ通信】今日は話題のレーザーカッター(Hajimeレーザー&Smart-Laser-Mini)で革の加工!

先週、出張で北の大地「北海道」に行って、少し元気になった駅ファブの齊藤です。 久 …

駅ファブ@Saito   |   3159 Views
【初めての3Dプリントにぴったり!】無料3DソフトTinkercadの使い方とは?!クリスマス・年末年始の営業に関してのお知らせ!!

オートデスク社が提供する3DモデリングソフトTinkercadは、最も使いやすく …

Yui@i.materialise   |   2377 Views
任意の高さで積層ピッチを変えられる?!slic3rの可変レイヤ?!を試してみた!!

どうも、masaです。 以前から気になっていましたがスライサーソフトのSlic3 …

masa   |   2171 Views
プロ仕様!!XYZprinting社のダヴィンチ Proとは?!

前々回の記事では、入門向けの機種として、お求めやすい値段で買える、Mini Ma …

YOSHIOKA   |   515 Views
【6月6日の駅ファブ】3Dプリンタで起業を目指す彼らの悩みとは?!

最近、部屋の模様替えをして生まれ変わった気分になりました。駅ファブの齊藤です。 …

駅ファブ@Saito   |   2245 Views
【ついに… 3Dプリント!!編】CAD鉄、3Dプリンターでプラレール作るってよ。Part. 3

こんにちは、最近はプラレールの世界に出戻りつつあるCAD鉄です。 今回はついに3 …

CAD鉄   |   6107 Views
今までにない材料が作れるかも?!新機種MR-5000 Resinoid(レジノイド)とは?!【3Dプリンタの未来展】

こんにちは、3Dプリンタ担当のOです。 先日22日から24日の3日間、「3Dプリ …

ムトーエンジニアリング_N   |   2030 Views
これだけは知っておこう!Autodesk Mayaを使った3Dプリント前の下準備とは?!

3Dモデラボと開催中の「兜デザインコンテスト」を盛り上げるため、風神雷神をモチー …

Yui@i.materialise   |   2624 Views
JMOOCのgaccoに行って3Dプリンタを学んでみよう!!

3Dプリンタやデジタル工作機械を学ぼうとしている人向けに、自宅やスマホで大学の講 …

yas_yam   |   1083 Views
ワンフットシーバス・田中のRaspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから123D Designに落としこむコツとは?!後編

Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから12 …

ワンフットシーバス   |   1075 Views