Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

【i.materialiseの新3Dプリント用金属素材発表】コッパー(銅)の材料の魅力とは?!

      2015/11/19

i.materialiseの3Dプリントサービスの魅力は、何と言っても多様な素材を選べること。その中にはセラミックアルマイドブロンズなど、日本国内の3Dプリントサービスでは取り扱いが珍しいものも。その素材群に先日、コッパー(銅)が新たに加わりました。これでi.materialiseで注文できる3Dプリント用素材の種類は19に!

新3Dプリント用素材、コッパーの特徴とは?

熱と電気を通しやすく安価なコッパー(銅)は、電子工作などへの応用もできる便利な素材。銅線やケーブルに使われるのは、その性質ゆえ。また雑菌が付きにくいことから、ハンドルや硬貨としてもにも使用されています。

0 euro by Bert De Niel 3D printed in copper

Ring by Nils Faber 3D printed in copper

カラーと仕上げ加工

コッパーは元々赤みを帯びた色をしています。仕上げは磨きもコートもかけない「ナチュラル」と「磨き加工PUコーティング」の2種類。

磨き加工を選んだ場合、3Dプリント後は機械と手作業で磨きをかけます。またPUコートをかけることで傷などを防ぐことができます。PUコートは変色・錆がつくスピードも抑えられますが、コッパーは敏感な素材のため、長期的な酸化は防ぐことができません。PUコートには追加費用は発生せず、コートをかけてもかけなくても見た目に違いはほぼ出ません。ただし酸化が始まると緑色の錆がつくため、違いは明らかになります。

Bulbman by Bert De Niel 3D printed in Copper

Lady Balloon by Bert De Niel 3D printed in copper

コッパーで3Dプリントするものをデザインするときは

ゴールドシルバーブロンズ真鍮のどれかで3Dプリントをしたことがある方は、全く同じ3Dモデルを使ってコッパーでも3Dプリントすることができます。上記の金属素材とコッパーは同じ方法で製造されているため、最小肉厚(0.5 mm)や最大造形サイズ(88 x 63 x 125 mm)なども全て同じ。詳しいデザインのルールやコツはこちらに記載しています。

Trumpet by Bert De Niel 3D printed in copper

金属用3Dプリント技術、ロストワックス法

コッパーその他の金属素材の3Dプリントに使われるのは「ロストワックス」と呼ばれる技術。ワックスを使った3Dプリントと伝統的な鋳造方法を組み合わせたものです。ロストワックス法は、まずモデルの原型をワックス(蝋)のような樹脂で造形するところからスタート。原型の3Dプリントに使われるのは光造形法です。このときサポート材も自動生成され、原型と一緒に3Dプリントされます。

How to 3D print metal with lost wax technology

造形が完了したらサポート材を取り除き、鋳造工程に入ります。型のまわりを石膏でかため、オーブンで数時間熱します。外から熱を与えると、蝋に似た素材でできた原型は溶けて外へ流れ出します。石膏型の中にできた空洞に液状の金属を流し込んで冷却させ、固形化した金属モデルを石膏から取り出したら完成。最後に磨きなどお客様ご希望の仕上げを施します。

3Dモデルが出来上がっている人は、サイト上にアップロードすれば即時にお見積り額を確認できます。これからデザインを始めるという方には、デザインガイドをどうぞ。どの素材を選べばいいか迷っている方は、素材比較のページで自分のぴったりなものを見つけてくださいね。

 - 3D Print Technology , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Autodesk Fusion360のアニメーション機能がすごい!!

Fusion360とはAutodesk社の無料で利用できる3DCADなのですが …

せん   |   7620 Views
こうすればもっと安く!3Dプリント代の賢い節約法とは?!

3Dプリントサービスを利用したことのある方であれば、出来上がった3Dデータの見積 …

Yui@i.materialise   |   3011 Views
最高のチタン3Dプリントを実現する方法
チタンを使った3Dプリント!!最高の仕上がりを実現するコツとは?!

i.materialiseがチタンの3Dプリントを開始したのは2011年。現在提 …

Yui@i.materialise   |   3486 Views
3月9日オープン!i.materialise新ウェブサイトの見逃せない機能とは?!

2016年3月9日、i.materialiseのサイトが大きくリニューアル!3D …

Yui@i.materialise   |   1395 Views
【奥様の居ない間に!?あなたのご家庭で楽しめる金属鋳造!!5つのステップ!!】

自称造形作家の小野寺です。今回は、前回製作した鋳型を使って金属材料の鋳込みをやっ …

小野寺@Topololabo   |   13951 Views
fabcross×あッ 3Dプリンター屋だッ!!ワークショップ第1弾は学生限定「3Dスキャナとプリンタで自分の顔をプリントしよう」

fabcrossさんとコラボレーションしてお送りするワークショップがスタート致し …

Nakamura(店長)   |   2108 Views
【Printed by Zortrax】組み立てろ!!造形した列車の組み立てるコツとは?編

こんにちは。サイバートヨッチです。先日印刷したものを組み立ててみました。というよ …

サイバートヨッチ   |   1789 Views
PTA猛反対必至!!専用3Dプリンター・アタッチメントを作って【メントス・コーラ】を息子にやらせてみた!!

今年のmaker faire tokyo 2015も大いに盛り上がり楽しかったで …

毛利 宣裕   |   3346 Views
ムトーエンジニアリング・3Dプリンター担当Nより《重要な》お知らせがあります!!

こんにちは! ムトーエンジニアリングの3D担当Nです^^ 今回はお知らせ2連発っ …

ムトーエンジニアリング_N   |   1698 Views
【お客さん体験記】littleBitsマウントボードと連携するLEGOパーツの試行錯誤したこととは?!

※これは実際にお客さんTさんがお店で体験したことを書いて頂いた記事を転記したもの …

Nakamura(店長)   |   1646 Views