Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

【世界中は3D折り紙にどう反応したか?!】Makerbot無料3Dデータ・サイト”Thingiverse”にアップしてみた。

      2015/03/30

皆さん、こんにちは。3Dプリンターが登場した1980年代、その存在を全く知らなかった米屋辰五郎です。1980年代といえば、パーソナルコンピューターが一般に普及し始めた頃です。もの凄く高価だったコンピューターが個人で使えるようになった状況は、ちょうど今の3Dプリンターが一般に普及して行く動きに似てます。

さて、ここ数年の3Dプリンターの普及の原動力は、ハードの低価格化と性能向上は勿論のことですが、makerbot thingiverseに代表される3Dデータの共有サービスの登場にあるでしょう。そのおかげで、文章、写真、動画作品に加えて3Dデータも世界に発信出来るようになりました。

今回は、makerbot thingiverseに実際に3Dデータをアップした例を紹介してみようと思います。3Dデータは、折り紙をモチーフに、3Dプリントできるように作成したウサギです。はたして、この日本風なデザインOrigamix_Rabbitを世界はどう評価するのか?

2015-03-29 00.15.26

http://www.thingiverse.com/thing:600429

写真は、makerBot Thingiverseに製作した3DデータOrigamix_Rabbitをアップしたページの画面です。

作品のアップは簡単で、自分のアカウントページを作り、createからUPLOAD A THING!画面で指示に従うだけです。アップするとThingiverseのトップページRecently Madeにアイキャッチ画像が必ず掲載されます。ここに、ずらっと世界中からアップされたばかりの作品が並びますので、造形物の綺麗な写真をアップした方が注目され易いですね。実際にプリントできるデータという証明にもなります。

さて、アップしてからが本題です。

世界中の見ず知らずの人達が、どういう反応をするのか?

上の例だと7606人が見て、2465件のダウンロードがありました。そして、391人がLIKEボタンを押してます。また、Collectionsという項目がありますが、これは、見た人が自分のカテゴリーに加えたことを表しています。後で作ろうと思ったらthing to makeに、動物のコレクションに加えるならanimalという感じにストックしています。LIKEと同じような反応と言えます。

製作者とのコミュニケーションは、コメント欄での公開のやり取りがされますが、メール機能もあります。個人的には、個別にメールが送られてくることの方が多いです。

そして、製作者にとって一番嬉しいのが、色々な人たちに自分の3Dデータをプリントして貰うことだと思います。

Origamix_Rabbitは、18人がプリントしてくれました。

2015-03-29 01.28.11

写真は最初にプリントしてくれた方です。大きさを変えても綺麗にプリント出来るという、貴重な情報を提供されてます。作者Waizeさんのプロフィールをみるとドイツ・ベルリンの方でした。折り紙風のデザインが欧州でも違和感なく受け入れられたようです。

2015-03-29 03.33.07次はアメリカ・カリフォルニアの方です。草原の上で綺麗に撮影されてます。作品を大事にしてくれてる様子が伝わってきます。

2015-03-29 02.09.50

この方はフランス・パリの方で、自社で販売しているフィラメントのサンプルとしてプリントしてくれています。動画もアップしており、製品サンプル用のデータとして使って貰えるのも嬉しいことです。

プリントしてくれた18人の国籍を見ると、ドイツ、韓国、台湾、オーストラリア2、アメリカ4、スペイン、フランス2、スウェーデン、カナダ、イギリス、コロンビア、オーストリア、不明1と、家庭向け3Dプリンターの普及率に比例するのか、欧米が多いです。

今回の例には無いのですが、別の人が3Dデータを改良したり、応用したりするRemixsという製作方法もあります。データ共有が出来て初めて出来ることです。

IMG_2772

自分の作品が、世界のどこかで、知らない人の机の上に置いてあったりする光景を想像してみましょう! そんなことが、3Dプリンターと3Dデータの共有のおかげで実現するようになりました。3Dデータを作成されたなら、共有サイトにアップされては如何でしょうか。

 - 3D Print Sample, Free 3D data , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【いそっぷ3D-CAD塾】Fusion360でT-splineのエッジこと"Tエッジ"でモデリングするコツとは?!

つくってみたものをレンダリング 下の動画を見ていたらチェスの駒をつくってみたくな …

いそぷろ   |   1595 Views
【小道具を3Dデータで作っておくと便利かも?!】3Dプリント活用編

こんにちは、工作中に負った生傷の絶えない米屋辰五郎です。 日頃、いろいろとお世話 …

米屋辰五郎   |   2793 Views
Simplify3Dっていうスライサーがとってもいい感じ!!【iPhone6用チェーンケース】その応用操作方法とは?

こんにちは。 WIRESの西村です。 前に作ったiPhone5用チェーンケース( …

Nishimura   |   4089 Views
【Fusion360】LED仕込みの灯籠フィギュア?完成したのです【da vinci1.0A】

紅葉の季節はバイク・・・スクーター(マジェスティS、155cc)であちこちに走り …

ヨシダ   |   1651 Views
縁起物の招き猫も3Dプリントする時代へ!!プリントした後に色を付ける時のコツとは?!

謹賀新年! すべてのジュエリーをデジタルに変える男!! デジタルジュエリーの佐藤 …

デジタルジュエリー@佐藤   |   1297 Views
【安定稼働!!のMOMENT_S】そのフィラメントのセット方法と3Dプリント後に剥がすコツとは?!

どうも! 好きな料理はインド料理でも韓国料理でもなくイタリアン!!な MOMEN …

MOMENTのMです!   |   1549 Views
海外より出展へ向けて作品の鉄製ディスプレイスタンドづくり!!手軽にできる鉄の着色技法「油焼き」とは?!

皆様こんにちは。 自称造形作家小野寺…なのですが思いがけなく海外より出展offe …

小野寺@Topololabo   |   2668 Views
宙に浮いた電球のないランプ。NYのデザイナーがその3Dプリントに使った、意外な素材とは?
宙に浮いた電球のないランプ。NYのデザイナーがその3Dプリントに使った、意外な素材とは?

神秘的な光を放ちながら宙に浮くミニマリスト風ランプ。内部は空洞で電球が全く見えな …

Yui@i.materialise   |   1334 Views
インサートLOVE

あと数日でバレンタインデーですね…あるお客さんからのアイデアで一緒に実験ですw …

Nakamura(店長)   |   1022 Views
【123Dで顎祭り参戦】スタジオジブリ「かぐや姫の物語」の御門を作ってみたw

『竹取物語』を原作とした14年ぶりの高畑勲監督作品、スタジオジブリ制作の「がぐや …

かにみそ   |   3734 Views