【続】OPCのカメラをHack!ハッカソンで生まれた”壁掛けカメラ”3Dプリンタでつくる物理ボタンのギミックとは?!

      2015/08/25

 

今回は3Dプリンタで作ったシャッターボタンのしくみについて詳しく紹介します!

こんにちは!ギミック大好き!やまそうです。

前回に引き続きハッカソンで作ったOLYMPUS AIRを活用した”壁掛けカメラ”についてです。

yamamoto_20150818_01

 

スマホで操作するカメラ、OLYMPUS AIR


 

yamamoto_20150818_02こんな風に押したらシャッターが切れるようにしたいと考えました。しかしメカ的な機構でカメラ本体のシャッターを押すようにするには複雑になりそう…、そこで!

yamamoto_20150818_03

じつはこのカメラ、シンプルな筐体と引き換えに操作のほとんどをスマホに依存しており、スマホ画面をタップすることでシャッターを切ることも出来ます。

yamamoto_20150818_04本来の使い方はこのようにスマホと組み合わせて使う様です。今回私はボタンの押される方向や、デザインから、3Dプリントした筐体の中にスマホを組み込み、スマホからシャッターを押す事にしました。

yamamoto_20150818_05よって全体の構成はこんな感じです。図の緑色のボタンを押下した時、スマホの画面をタップされればシャッターが切れるはずです。

スマホ画面をタップする物理ボタンの作り方


 

yamamoto_20150818_06

スマホは3Dプリントしたケースに覆い隠して、あえてカメラのシャッター専用品にしたいと考えました。しかしご存知のとおりスマホは人の指でしか反応しません。3Dプリントした樹脂で覆ってしまえば絶縁状態となり人の静電気を導えることは出来なくなります。さて、どうすれば人の手を使わずにスマホにタッチしたと認識させられるのか…。「障碍者のIT支援について考えるブログ」さんに指以外で画面を反応させる方法が紹介されていました。この原理を参考にします。(こちら、肢体不自由な方の為にIT機器を使い易くする方法を実践していらっしゃる方のサイトです。私はこれこそがデザインだと思いますし、大変にすばらしい事だと思います。)

yamamoto_20150818_12

さて、どうやら導電スポンジで人の指の面積を、電線で人間の静電容量の代わりをさせているようです。(画像はHPより抜粋)

静電容量式タッチパネルの原理が分かったので、自分の作品に応用してみます。そこで私はスタイラスペンの先端を指先に見立て、導電糸で静電容量を稼ぐしくみをつくりました。

用意したもの

yamamoto_20150818_07

  1. 3Dプリントしたボタン
  2. ボタンの形に切ったスポンジ(ボタンのばねの代わり)
  3. スタイラスペンの先端(人の指先の代わり)
  4. 導電糸(静電気を通す)

組み立て

yamamoto_20150818_08全部組み合わせるとこうなります。スタイラスペンの先端は、予めスマホアプリの画面のシャッターボタンの位置に来るように合わせます。

yamamoto_20150818_09導電糸の一部をスマホに触れるようにしておきます。これでスマホ自身の静電気をスタイラスペンの先端に送り、スタイラスペンの先端が画面に触れたときスマホは”人が触れた”と認識するはずです。

yamamoto_20150818_10後はボタンとケースを合わせてスマホを入れれば完成です!(この部品、寸法ミスを犯しスマホが入らないことが発覚。ハッカソン会期中にもかかわらず、実はこのあと滅茶苦茶ヤスリがけした!)

 実際の動作の様子


 

実際に試してみました。

偶然にもiPhone標準のカメラアプリのシャッターボタンの位置がOLYMPUSのアプリのボタン位置と一緒だったため、動画ではiPhoneのカメラで動作確認しています。

最後に


yamamoto_20150818_11

 

カメラとスマホはwi-fiで無線接続されているため、図の様なリモコン的な使い方も提案しました。親子の遊びの中でこのカメラが遊具のように使われたら、普段より自然な子供の表情が撮れるかもしれませんね。(そうなると、ボタンのカタチは、もっと子供が押したくなるようなデザインにしたかった!)

今回の記事は以上です。

それではまた!

 - 3D Print Sample, Un-Industrial , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

山田プランター
「プロ」が「素人」に駆逐される日

「これを、プロらしくないように作って欲しいのですが・・・」 と、「あッ 3Dプリ …

Shinjiro Yamada   |   3819 Views
Seeed Studio
ニコ技 深圳ツアーに行ってMakers Girl(仮)が感じたこととは?!Seeed Studio工場 偏

こんにちは!もうすぐ大学院前期が終ります。 最近は他の学生と一緒に実習室に引きこ …

Shoko KIMURA   |   1715 Views
スクリーンショット 2015-06-30 1.26.31
私でもできた!!Autodesk fusion360で8bitなドット絵キーホルダー作ってみた!!

フリーの初心者向け3Dモデリングソフト、123D Designの上位に当たるfu …

かにみそ   |   2323 Views
CIMG8247
【CAD艦通信】二式大艇(二式飛行艇)をda vinci1.0Aでプリントしてみたらどうなったか?!【1/144】

クレーンの資格はちょっとしたものをもっているので、上位資格のクレーン運転士免許を …

ヨシダ   |   1842 Views
アセトンベーパー処理後
【家庭用3Dプリンタの気になる表面がツルピカに!】アセトンベーパー処理 その1

どうも、masaです。 前回の 木目込みと3Dプリンタの組み合わせ の3Dプリン …

masa   |   14099 Views
02.png
【3Dプリンターならではの構造】ライノセラス・グラスホッパーでチェーン構造でバッグをつくるその1

おはようございます!大分の竹田市で3Dプリンターを使って制作活動をしているWIR …

Nishimura   |   2369 Views
ブール演算-ブレス
【家庭用3Dプリンタでも手軽に楽しめてお気に入りの生地を貼りこんで楽しめる木目込みのコツとは!?】

どうも、masaです。 前回の自分の腕を参考にブレスレットのサイズを微調整する感 …

masa   |   1396 Views
CUBIS_3Dprint
【3Dプリンター・CUBIS体験記】コスパ最強キュービスのフィラメントロードから3Dプリントするときのコツとは?!

今回はフィラメントのインストールの様子を写真でご紹介致します!スタッフの高橋です …

CUBISの中の人   |   1368 Views
https://www.myminifactory.com/scantheworld/
DDD_Japanが教える!!学びの《秋》今日は少しアカデミック なトピック♪とは?!

学びの《秋》 今日は少し アカデミック なトピック♪ #myminifactor …

DDD_Japan   |   645 Views
slic-4
任意の高さで積層ピッチを変えられる?!slic3rの可変レイヤ?!を試してみた!!

どうも、masaです。 以前から気になっていましたがスライサーソフトのSlic3 …

masa   |   1896 Views