Un-industrial (非産業化)

《あッ3Dプリンター屋だッ!!のコミュニティサイト Produced by TOKYO-MAKER》

3Dでジュエリーのリフォームを受注するってこういうコト?!(デジタルジュエリー®リフォーム)

   

すべてのジュエリーをデジタルに変える男!!デジタルジュエリーの佐藤善久です。

3D-CADでジュエリーのデザインが出来るようになればジュエリーの仕事はできるか?

正解でもあり正解ではない。

今や3D-CADソフトは無料のモノもあり、学生さんはバリバリ3D-CADを使いこなしている人もたくさんいます。

3D-CADはツールであるので それが出来ることだけで仕事にはならない時代なんです。

それこそ僕が3D-CADでジュエリーのデザインを始めたころは ライバルがいないので 「3Dでジュエリーのデザインができます」というだけで仕事の依頼がきたりしました。

では 僕はどうやって3D-CADを使ってジュエリーの仕事をしているか?

それはオーダーリフォーム時に バーチャルジュエリーやバーチャル試着も使い お客様にジュエリーリフォーム完成時のイメージ違いが起きないようにコミュニケーションツールとして3D-CADを使っているんです。

先日のリフォームいただいた時の例を時系列で説明します。

 

まず リフォームもとになるジュエリーを拝見。

今回は 義父のタイバー・カフスセットのオパールを使い指輪にリフォームのご依頼

写真 2015-08-07 12 27 04_512

 

 

好みのイメージをお聞きし その場で 3D-CAD(JCAD3 GLB)でモデリング

 

その場で意見を反映させることが出来るって お客様の不安解消になります。

2015-8-7-mqtumoto_512

 

そして 大まか決まったら 今や無料のリアルタイムレンダラー nStyler でレンダリング&バーチャルジュエリーやバーチャル試着の素材作成

 

写真 2015-08-07 12 23 07_512

 

 

そして 弊社のアプリ iPhone/iPad用 digitaljewelryを使い その場で バーチャル試着 ↓

 

11831727_1049052058463103_5308998393392292643_n_512

 

360度動かしてデザインを確認できるバーチャルジュエリーはこちら

 

バーチャル試着などもしていただき ここまでで2時間強です。

 

お客様 大満足の記念撮影

 

11831791_1049052081796434_7917577928295464257_n_512

 

この時は 池袋でお待ち合わせして スタバで商談。

その時持って行った機材はノートPCとノギスなどの計測機器だけなので 白いアタッシュケースに入ってしまいます。 ↓

 

11813472_1048972241804418_7533126221830015292_n_512

 

 

沢山並んでいるジュエリーから選んで購入したい方でなく 自分のジュエリーを作りたい方やジュエリーのオーダーリフォームしたい方には もやは店舗はいらないですね。

 

お客様のご都合の良い場所までPCもって出向いていく。

20年前 始めたころは 高性能のデスクトップパソコンでないと3D-CADはなかなか動かせなかった。

モニター含めて150万くらいのデスクトップPCを使っていました。

それが今では3D-CADだけをとれば10万以下のPCでも使えるレベル。

(レンダリングをする場合は15万円程度の高性能ノートPCでないと厳しい)

こうやって ジュエリーのオーダーリフォームを受注しています。

 

3D-CADが出来るだけでは 仕事にはならない。(ジュエリーの場合)

この意味が おわかりいただけましたか?

・3D-CADが簡単になって ジュエリーのデザインが出来るようになったら勉強する

・3D-CADのソフトが安くなったら始める

・3Dプリンターの精度がもっと高くなったら考える

・3Dプリンターが安くなったら・・・

このように言っていたジュエリー業界関係者の多い事。

今 まさにこの環境です。

しかし それで何が起きたかと言えば 素人も簡単に3Dでジュエリーデザインが出来る時代だということです。

素人と同じレベルのプロに仕事頼みませんよね。

 

3Dデザイン前提社会では 

逆にプロの技が生かせる時代なんです。

 

この意味 わかりますか?

続きは また今度

佐藤善久でした。

 - 3D CAD Technology, Un-Industrial , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【知ってた?!】Autodesk_123Designの3DデータをFusion360に移行する方法とは?!

どうやら最近、Fusion360がかなり盛り上がってきているらしい。 このブログ …

CAD鉄   |   6926 Views
エクセルで始める123d design 3Dモデリング 鉄道模型編

初めまして、Yas_Yamと申します。宮城の田舎で主に123D designとc …

yas_yam   |   18113 Views
続・【誰でも簡単アップロードすれば画像から3Dデータをつくる方法】レコード・CDジャケット風タイル=【ジャケタイルとは?!】

前回の続きです☆ (あらすじ:気付けば、もう2015夏が始まっていて、一歩外に出 …

かにみそ   |   2246 Views
レーザーカッターを低出力の切断にすると繊細な線画が!!ベクター加工による刻印(マーキング)とは?!

今回は出力を下げた切断加工で木材に線画を書いてみたいと思います。 線画とはそのま …

OhLaser_Miao   |   3244 Views
3Dプリンターで自転車にスピーカーを搭載してみた【道交法対応チャリモノラル】

※この記事は音楽を聴きながらの自転車の運転を推奨するものではありません こんにち …

YOKOITO   |   6744 Views
【3Dプリンターでしか作れない特徴的なボロノイ形状とは!?】トンボの羽の模様からお皿をつくる!その3

こんばんは。大分の竹田市で3Dプリンターを使って制作活動をしているWIRESの西 …

Nishimura   |   6251 Views
Autodesk 123Ddesignは誰でもどこでも3Dプリンターを身近に体験できる3Dソフト

私の記憶が正しければw今まで123Ddesign教えた方の中で1番の高齢の方だと …

Nakamura(店長)   |   1920 Views
これはいったい!?謎の黒い線が登場!!!はたしてどういった影響が…

こんにちは。サイバートヨッチです。一週間と長く空けてしまいすみません。なんと春な …

サイバートヨッチ   |   3260 Views
ワンフットシーバス・田中のRaspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから123D Designに落としこむコツとは?!後編

Raspberry Pi Zeroの形状を写しとりIllustratorから12 …

ワンフットシーバス   |   1901 Views
Grasshopperを用いての有機的な形態のモデリング方法とは!?

前回触れた、Grasshopperの教本Parametric Design wi …

YOSHIOKA   |   2865 Views